【めまい】が当院で治る理由ー

1,めまいとは   2,一般に診断されるめまいの原因 
3,めまいの種類  4,めまいと吐き気

,めまいとは

人間は眼、内耳(半規管・耳石)、手足の関節などにより自分の周囲の空間や位置を把握しています。感知する情報は、脳に伝えられ、体に伝わることで体のバランス(平衡覚)をコントロールしています。これらのバランスが悪くなってしまうと、めまいや平衡障害が起きるようになると言われています。

2,一般的に診断されるめまいの原因

めまいの原因は、いくつかに分けられます。
①内耳に問題が起きることで、脳に正常な情報が伝わらないことで起きる場合
②精神的なストレスやウイルス感染などが引き金で起きる場合があります。
③脳の血流が不足することで、めまいに関係する小脳、脳幹の機能が悪くなることで起きる脳循環障害(椎骨脳底動脈循環不全症)
④脳腫瘍、頭部外傷,筋緊張型頭痛

などが病院で説明されることが多いです。

3,めまいの種類

回転性、②動揺性(非回転性)、③立ちくらみに分けられます。

回転性めまい

回転性めまいは、グルグルと目が回る(画面が流れるようだという方もいます)ようなめまいで、この症状は内耳に異常があることが考えられます。

動揺性(非回転性)

フワフワ、フラフラといった地に足がつかないようなめまいは、動揺性めまいに分類され、この場合は頭部の異常が原因で起きると考えられています。

立ちくらみ

立ちくらみのようなめまいを感じるという場合は、血圧の変動などによる血流や心臓の異常が原因で起きると言われています。

ただ、回転性めまいでも脳梗塞や脳出血が原因であったり、動揺性めまいでも耳の異常が原因で、それぞれ起きることがあります。

脳疾患で起こるめまいー吐き気

脳梗塞脳腫瘍脳出血、くも膜下出血があげられます。

脳梗塞…脳の血管が詰まっている状態で、原因には動脈硬化や血栓があります。めまい以外の症状では、言葉が出にくい・ろれつが回らない・身体の片側の麻痺・しびれなどが現れることがみられています。

脳腫瘍…頭蓋骨の中にできた腫瘍です。めまい以外の症状では、頭痛、吐き気・嘔吐、視力の低下などが現れることがあります。

脳出血…脳の血管が破れてしまった状態です。めまい以外の症状では、頭痛、吐き気・嘔吐、身体の片側の麻痺やしびれなどが現れることがあります。

くも膜下出血…脳を覆っている「くも膜」にある太い血管が破れて、出血している状態です。脳動脈破裂によって起こります。くも膜下出血は、命にかかわる可能性が高く、重篤な後遺症が残るケースも少なくありません。

病院で治らないめまいが当院で治る理由

この画像には alt 属性が指定されていません

 私のところでたくさんのめまいの患者さんを対応しています。 病院でめまいが治らない「からこそ」簡単に治すことのできる理由があります。 

病院での多くは、耳(内耳) と 脳 を検査します。 それで問題がない場合、原因不明のめまい、自律神経失調症、ストレス、心療内科へ紹介、されることが多いです 。

▷病院で治らないめまいが改善する理由

自律神経失調症の根本原因を考えて、病院で治らないめまいを治す

病院で治らないめまいが治せる理由・めまいにストレスは関係ないから

まずは病院で診てもらいましょう。比較的早期のめまいは病院のほうが優位に改善できるとかんがえています。

▷なぜ当院でめまいが改善するのか

当院の治療方法はこちらでも解説しております。 治療方法 ←クリック!

皆さんには、治療内容の説明には、骨格と内臓を治療していきます。と、お話ししています。

詳しくはこちら→、柴宮整骨院 感謝 治療方法

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 佐藤の教え.jpg