なぜ頭蓋骨が動くことに気づいたのか?

 目次:なぜ頭蓋骨が動くことに気づいたのか?

  1. オステオパシーテクニックの誕生
  2. 頭蓋オステオパシーの誕生
  3. アプレジャー博士が頭蓋の動きを証明

経緯
 今回は当たり前に頭蓋骨は動くと考えていましたが、そもそも、なぜ頭蓋骨が動くことを知ったのか? 気になって調べてみました。 今度は脳脊髄液も含めたうえでのさらに研究をしていきます!

オステオパシーテクニックの誕生

A.T.スティル

 アンドリュー・テイラー・スティル博士によって1874年にアメリカミズーリ州で発表された徒手療法。(オステオパシーテクニック)

 幼少期に頭痛がした際に、ブランコ(当時のブランコは紐だけの簡単なもの)に頭を乗せていたらしばらく寝ていたら、その後頭痛がなくなっていたという経験もオステオパシーが作られたヒントになったと言われてる。

 クラニオ・セイクラル・セラピー はジョン・E・アプレジャー博士によって開発された手技療法。 

 クラニオ・セイクラルはオステオパシーの創始者である Dr.アンドリュー・テイラー・スティル の直弟子だった ウイリアム・ガナー・サザーランド によって開発された。

頭蓋オステオパシーの誕生

Dr. ウィリアム・ガナー・サザーランドD.O.

クラニオセイクラル・セラピーの歴史は、1900年代初頭のDr.サザランド(1873‐1954) のある発見から始まる。

  当時オステオパシーを学んでいたサザランドは、解体された頭蓋骨の縫合を観察して、側頭骨と魚のえらとの類似性に着目し、頭蓋骨と呼吸が関係しているのではないかという仮説を立てた。 

側頭骨

 側頭骨が魚のえらのように動いて呼吸をしている?頭蓋骨が呼吸をしている?

 そういった考えが何度も彼の脳裏に浮かびあがりDr.Stillからは「それを掘り下げろ」と激励され、30年にもわたり、研究を重ねた。

 そして、その成果を親しくしていた治療家たちに教え始め、研究成果を発表した。頭蓋オステオパシーの誕生。

 その後自分自身や家族への実験や調査を繰り返し、癒合して固まっている頭蓋骨には呼吸に似た僅かな動きがあること、頭蓋骨の呼吸の様な動きは体液と関連が有ることを仮説として打ちたて、それに基づいて臨床を重ねた。

  その後、サザランドの弟子であるDr.ローリン ベッカー(1910‐1996) らによって更に研究が重ねられ、70~80年代にはDr.アプレジャーらのミシガン州立大学における研究によって実際に頭蓋骨が一定のリズムを持って動いていることが証明された。 

参照
 Wikipedia
 治療方法一覧

アプレジャー博士の話

 アプレジャーが、神経外科医の助手として頭の手術をしているときに硬膜が動いているのを発見。(1971年頃)

 手術内容は髄膜システムの外側表面のカルシウム班を取り除く手術。 この手術でアプレジャーは鉗子を使って硬膜を抑えて動かないようする簡単な助手だった。 

 ただ、この膜、硬膜を抑えるというだけの仕事ができなかった。 

 この硬膜が出ては引っ込むという動きを続いていた。 1分間に、8回から10回ほど。 どうやら呼吸とも連動していない。

 これは硬膜が内側の液体の圧力に反応していると考えた。(水力学的システム) 脳脊髄液はの圧は、1分間に8回から10回上下していることになる。

 この水力学的システムの話は、当時のオステオパシーのセミナーで頭蓋骨が動くと言っていた講師に説明しても、聞いてもらえなかった。 

 この水力学システムであると考えるには、防水性であり、わずかな伸縮性がなければならない。

 アプレジャーはこのことを論文として発表していたが、他の人からの確証は得られなかった。 

 しかし、スイスの神経外科の教授から、書状が届いた。 アプレジャーの観察したことはスイスの医師の経験から支持すると言ってきた。

 この医師も2万件の脳、脊髄の手術をして硬膜にメスを入れる前に、アプレジャーが経験したリズミカルな活動を観察していた。 

 もう一つの発見は、尾骨を抑えると、頭蓋骨の動きが止められるということ。

 生きた猿を使用し、水力学的システムは頭から尻尾まで連続していることを観察。

 そこでこのシステムを、クレニオ・セイクラル・システム(頭蓋仙骨療法)と命名。

参考 クレニオ セイクラル セラピー

質問はこちらから受け付けております。


    夢現塾にて、「経営」・「治療方法」をわかりやすくお伝えしているつもりです。 
    もし疑問や質問がありましたらご連絡下さい。
    1・お名前

    2・聞きたい具体的な質問をお願いします。

    3・メールアドレス

    なぜこのようなことをやっているの?

    夢現塾とは、治療家が集まって経営や、治療方法を教え合うグループです。

    これは斎藤一人さんの渡り鳥経営という考え方を元に行っております。

    ・・・渡り鳥経営とは?
     渡り鳥の群れってV字で飛んでいるよね。長い距離を飛ぶために、先頭でリードする鳥が必要です。先頭の鳥は、疲れたら交代するようになっています。 
     私たちも同様に、先頭で引っ張る人がいる。一番成功した人が「このやり方がいいよ」と後ろの人に伝えていきます。
     また、渡り鳥は一羽でもペースが落ちると、その鳥のペースに合わせます。置き去りにはしません。
     自分が成功したら、他の人に教える。トップの人が疲れたら交代する。仲間で仲がいい。これが一人さん流の魅力のある経営です。

    治療院経営について

     21歳の時に院長として、院を任せてくれました。(雇われ院長)

     当時は、何もわからずに、来ていない患者さんを夜な夜な、拝み、来ていただくように願う日々を送りました。(意味なし)
     そんな当時の自分に経営を教えたいと思い、こちらを書いております。 
    ・25歳1月5日 開業(1年目) 柔整師3人、受付2人 初月 190万 
    【23歳の時に治療院実践会に通う。とてもいいところです!】 
    ・開業半年で現場を抜ける。 
    ・うまくいかずに失敗。 25歳、8月に「院長を現場を抜ける仕組み化経営」に出会う。
    【現・治療院の學校 とてもいいところです!】 
    ・26歳 9月(9月誕生日) に コンサルティングを受ける。 スタッフだけで院が200万行くようになる。 
    ・26歳1月(開業2年目)に、スタッフ2人がやめる。(2人は開業)
    ・自分一人だけで治療できず、治療家をやめようと考える。(固定概念) 
    ・嫁も一緒に院で働いてくれて、すぐに治療家を募集。仙台メディカルから、治療家を雇う。【このおかげで新しい治療技術ができた】 
    ・アメリカの治療院のあり方を真似して、週休4日 336万円を達成。【受付を 火 木 土 だけ】 
    ・28歳の10月に体調不良で寝込むようになる。 院の経営悪化。 
    ・2月19日の台風19号で移転。コロナ。今ここ ←
    【現在は一人治療院という形で行っております。】

    治療方法について 

     研修場所にはトムソンベッドがあり、脚長差での矯正は行ってました。

     23歳の時に脚長差で何でも検査できることを知りました。

     26歳の時にOリングで同じように検査できることを知りました。

     27歳の時に磁気マニュアルテクニックの磁石の数で様々なことを検査することを知りました。

    自分の治療は素晴らしいと自負しております。
     しかし、大いなる未完成であるとも感じております。

     AKのTLが万能ではないように、
     Oリングが万能でないように、
     脚長差、トムソンテクニック、アクチベーターが万能でないように、

     素晴らしい治療ではあるけれど、一握りの治せない患者さんは存在しています。

     その答えを出すのは、皆さんだと思います。

     そのために、AL、Oリング、脚長差、共通しているものを「反応検査」と私は呼びます。

     ここではこの「反応検査」を知ってもらい、自分のものにしていただき、そして、自分の周りの治療家に教える立場として活動してほしいと思っております。

     質問はたくさん受け付けております。気軽にお問合せ下さい。

    「なぜ頭蓋骨が動くことに気づいたのか?」への1件のフィードバック

    コメントする

    メールアドレスが公開されることはありません。