めまいを徹底分析

投稿日:2022年11月26日 更新日:2024年1月30日

骨格と内臓を整えて、健康で充実した身体へ・根本回復・めまい専門院・「治らない」を専門対応

※「めまい」とは症状名であり、患者さんが訴える症状そのものです。

 病院では「めまい症」という診断があり、確定診断に至らなかったもの、特に原因がわからないもの、に対してつける診断名とされています。

 「診断不明」と言っているものと大きな違いがないと言われています。 めまいを専門にしている方でも10%は「めまい症」とされています。

 なので、およそ、通常の病院では20%ほどが「原因不明のめまい」になってしまうのかと思います。

 改めてその「めまい」を自律神経失調症からくる「めまい」と考えていいと思っています。

 そんな一定数改善しない、めまいの方を専門に対応したいと思っています。

 病院で治らないめまいは理由があります。

めまいとは?

 「めまい」は症状名です。

 患者さんが訴える症状そのもので、診断名ではありません。

 めまいの定義として、「身体の安定感が失われたと感じる不快な自覚症状の総称」と言われています。

 古くは、中国最古の医学書にも「めまい」について書いてあったり、ギリシャ神話にも「罰」として、めまいがあったりと、苦痛の一つとして書いてあります。

めまいの原因は?

 めまいとは症状であり、診断名ではありません。

 そのため、めまいの原因はさまざまあります。 

内耳のバランス機能の異常、脳の機能障害、循環器系の疾患、薬剤の副作用など様々です。 

めまいの種類

 めまいの原因を紹介するとたくさん出てきます。 

前庭神経炎 聴神経腫瘍 脳血管障害 脳腫瘍 頚性めまい 頚椎異常 循環障害 血圧の異常 代謝 内分泌障害 アレルギー性疾患 自律神経障害 起立性調節障害 心身症 不安神経症 眼科性疾患 眼筋障害 婦人科的疾患 更年期障害 等々

 その中で3大めまいとされるのが、

メニエール病、

前庭神経炎、

良性発作性頭位めまい症、

があります。詳しくはそれぞれのページで紹介しています。 


▷メニエール病 徹底分析

▷前庭神経炎 徹底分析

▷良性発作性頭位めまい症・徹底分析


めまいの分類は?

自己運動感の明確なめまい 
 回転性のめまい
 身体傾斜感・直線的運動感
自己運動感の不明確なめまい
 浮動性めまい
身体の不安定感
 平衡障害
失神性めまい
 失神を伴う転倒発作
 眼前暗黒感

めまいの歴史

 「めまい」という症状は、いつごろから認識されてきたのでしょうか?

 古くは、悪魔の仕業とも言われている時もありました。 

 ギリシャ神話(紀元前15世紀)では、めまいという「罰」を与えられていた話があり、古くから「めまい」は代表的な苦痛の一つとして見られていたことがわかります。

 また、東洋医学では、「黄帝内経」(こうていないけい)という医学書(中国最古の医学書であり、紀元前200年頃に作られたもの)にもめまいを意味することも書かれています。

 西洋医学でめまいが詳しく調べられるようになったのは、16世紀に入ってからになります。 


 1779年に前庭神経節の発見した、スカルパさん(Antonio Scarpa アントニオ・スカルパ(1752-1832)

アントニオ・スカルパ

メニエール病を発見した メニエールさん(Prosper Meniere プロスペル・メニエール(1799-1862) 

プロスペル・メニエール

 めまいで唯一のノーベル賞受賞者バーラーニさん(Robert Barany ローベルト・バーラーニ(1876-1936)

 温度刺激検査の開発が最も優れていると言われています。

ローベルト・バーラーニ

 めまいの3大疾患、メニエール病 と 良性発作性頭位めまい症 と 前庭神経炎 を、まとめた ホールパイクさん (Charles Skinner Hallpike チャールズ・スキナー・ホールパイク(1900-1979)

チャールズ・スキナー・ホールパイク

 現代めまいに対して貢献していました。 

 メニエール病では、日本人の山川強四郎さんも活躍しています。

山川強四郎

めまいと東洋医学

めまいと漢方

めまいの歴史・病院ではどんな検査をするの? めまいの薬はどのような効果でめまいが無くなるの? めまいの薬の発見はなに? めまいの種類 病気によってのめまいは何があるの? めまいの原因は内耳?どのメカニズム 

漢方ではめまいに対しての「天井クルクル沢瀉湯」(沢瀉湯:たくしゃとう)

めまいと薬

感謝