ショートスリーパー協会

1日45分の睡眠

堀大輔(ほりだいすけ)

1983年11月2日生まれ。兵庫県尼崎市出身。GAHAKU株式会社代表取締役。一般社団法人日本ショートスリーパー育成協会代表理事。1日平均45分以下睡眠のショートスリーパー。 18歳で高校を卒業後、さまざまな仕事や趣味に没頭したことに加え、もともと1日8時間睡眠だったこともあり、ショートスリーパーになることを決意。7年もの歳月をかけて独学で睡眠の研究をし、25歳のときにようやく独自の短眠理論「Nature sleep」を構築、短時間睡眠を手に入れた。現在ではその理論をショートスリーパー志願者や睡眠に悩みを持つ人に伝える事業を展開。ショートスリーパーになった受講生は1,000人を超える。テレビ番組の密着取材も積極的に受け、その信じられないような睡眠生活を白日の下にさらしている