スキンシップしないと1年後死亡

今からおよそ800年前のローマ皇帝の、「フリードリッヒ 2世の実験」というのをご存知ですか?

ある時、フリードリッヒ 2世はこんな疑問を持ちました。

「言葉を一切教わらなかった赤ちゃんは、どんな言葉を話すようになるのか?」

フリードリヒ2世はこの実験のため、部下に50人の生まれたばかりの赤ちゃんを集めさせ、部屋に隔離しました。

そして乳母たちには、下記の条件で実験を行うように指示しました。

⚫︎赤ちゃんの目を見てはいけない

⚫︎赤ちゃんに笑いかけてはいけない

⚫︎赤ちゃんに話しかけてはいけない

⚫︎赤ちゃんにミルクを与える

⚫︎赤ちゃんをお風呂に入れる

⚫︎赤ちゃんの排泄の処理をする

 つまり衣食住、生きるための世話はきちんとするけれど、スキンシップは一切取ってはいけないというものでした。

 結果は、3歳までに49人が死亡。

6歳に最後の1人が死亡しました。

今では考えられない昔の残酷な実験ですが

この実験からわかる事は、「言葉とスキンシップが命を育む」という事でした。

・・・・

コンドル4世 ローマ帝国の帝王

赤ちゃんはどんな言葉をしゃべるのか?

実験母親と赤ん坊50人集めて育てる食事や住む場所

何不自由なく生活は約束する

ただ1つだけルールを愛情を与えるようなスキンシップだけはしてはいけない

ミルクやおむつ入浴はしっかりと行ってもらい

赤ん坊がいくら笑顔を振りまいてとして話しかけてもいけない

笑いかけることも禁止

どのような言葉を話どのように成長するんだだろうか

そしたらすべての赤ん坊が死亡

1年経つ頃には50人もいた人は全員死亡

科学者のカササギ100年後

カササギは孤児を2つのグループに分けて実験を行った

スキン生スキンシップをするグループとスキンシップをしないグループ

スキンシップをしないと1年以内に死亡

成人まで生きた人は1人もいなかった