ヨガを徹底分析

投稿日:2022年12月2日 更新日:2024年1月30日

昔の自分と未来の子供たちへ・治療院夢現塾・感謝

日本にはじめてヨガがやってきたのは806年のことで、空海が唐より帰国した頃の「瑜伽」と呼ばれるヨガが最初でした。
その時のヨガは心を制御する精神集中の仕方や、自己と絶対的なものをリンクさせることで瞑想する修行法となっていました。

日本でのヨガの始まりは1919年

はじめてヨガを行った人は中村天風と言われており、1919年のことでした。
当時、中村天風は結核にかかっておりそれを治すために世界を旅している中でヨガの聖者と出会ったことが始まりで、結核を克服したと言われその修行から心理を得たとも言われています。

日本でのヨガブームを作った人は沖正弘で、第二次世界大戦後に医学と宗教を学んだ後ユネスコの団体の日本代表としてインドなどで活動をしていました。

目的は変わらず続いている

現代においてヨガの目的は精神集中や筋力のアップなどがありますが、呼吸法とポーズを行うことで正しい身体へと戻していくこと、それにより精神面も変わっていくと言われています。
ヨガの本来の目的である心を健やかに保つことを、身体の状態を健康にしていくことで目指すのです。
そしてさまざまなポーズを取ることで、心と身体はつながっていると実感しながら動いていくようになっていくでしょう。
そのためヨガは、心が変わっていくことをともなった健全な身体を目指す身体技法と言われています。
このように、古くから続く長いヨガの歴史の中では非常に多くの培われてきたアーサナがあります。
それに取り組もうとする時、正しく本来のアーサナに忠実になるようにしなくては目的に沿うことが難しくなるでしょう。
ヨガを始めて学ぶ時は知識を持った方の下で行うのがおすすめです。
客観的に自分のポーズが合っているかを判断できる人がいるとより効果的にヨガに取り組むことができます。

ヨガは繋がりという意味
心と身体、精神のつながりを目指すもの

ヨガの効果
・感情のコントロールができるようになる
・心身のバランスが安定する
・姿勢や骨盤などの歪みを改善する
・便秘、冷え、むくみを改善する
・睡眠の質が上がる
・ストレスに対処できるようになる
・健康的に全身を引き締められる
・運動不足を解消できる

昔の自分と未来の子供たちへ・治療院夢現塾・感謝
夢現塾とは?

 私は21才で専門学校を卒業して、すぐに院長になりました。 

 経営・治療・スタッフ教育・ 患者さんが来ないことに対して、夜中に来るように神頼みするだけの日々を送ってきたこともあります。 

 21才でお金もない。 

 ただ、自分で調べる力はある。 

 そんな昔の自分のために、治療院夢現塾を作っております。 

▷治療院夢現塾 経営編◁

▷治療院夢現塾 治療編◁

感謝

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です