反応検査とは?・脚長差・AKのTL・Оリングテスト

反応検査とは? 

脚長差検査 アプライドキネシオロジーのセラピーローカリゼーション Оリングテストがあります。 それぞれを説明していきます。 

脚長差検査 主にアクチベーターテクニックで使われることが多いです。 トムソンテクニックでも脚長差で体の状態を確認していきます。  ここのページでは反応検査は、説明しやすい脚長差を多用していきます。 

反応検査・脚長差の利用

脚長差で検査する方法は、トムソンテクニックやアクチベータテクニックがあります。 

まず昔に作った動画ありますので、参考にしてください。 ポイントは、脚長差で検査ができることを知っていただきたいと思います。 

↓ ↓ 脚長差での検査 【距骨の調整】

↓ ↓ 脚長差での検査 【尾骨の調整方法】

↓ ↓ 脚長差での検査 【頚椎と距骨の連動性】

 ここで一番お伝えしていきたいことは、脚長差で患者さんの身体を状態を検査できるということです。

YouTubeで確認 脚長差・内果と踵で確認

AKのTL

脚長差もTLも同じような反応をしていきます。 

セラピーローカリゼーション(TL)のやり方

1・まずは正常な筋肉を見つける。
2・神経学的統合不全のチャックを行う。 
3・神経学的統合不全も問題がなければ検査スタート。(インディケーター筋)
4・患者の問題部分に患者自身の手を当てて、テスト。
もし、問題があれば、インディケーター筋が弱くなる。(弱化を示す)患者自身の手を離すと、インディケーター筋は最初の強さに戻る。 

まずはこれで、問題がある部分を見つけることができます。  

治療が成功すると、インディケーター筋は強いまま。 詳しく解説していきましょう。

1・まずは正常な筋肉を見つける

 筋力テストを行って弱化していない筋肉を探します。 

 なんでもいいです。

 よく見るのは、三角筋、大腿筋膜張筋、ハムストリングス、あたりと思います。(私自身現在はこの方法で検査しておりません。)

 筋力検査と言っても、マニュアルマッスルテスト(MMT)と少し違います。 

ちなみにMMTの評価は、6段階

 整骨院・整体の患者さんの中で、2番の患者さん、重力がなければ運動できるなんてことはほとんどいない。 

 ましてや、3番か4番でどうのこうのしてもあまり意味がないです。

 しかし、患者さんが楽であり、術者としても楽な筋肉を見つけるには、MMTのやり方を思えてもいいでしょう。 

いい本です!買いましょう。

私が教わった表現でいうと、最初の伸張反射を感じるということです。

 抵抗を加える一瞬の抵抗を感じます。

 これはぜひ一度、知っている人に教えてもらってください。

AKの検査方法はこちらで紹介

2・神経学的統合不全のチャックを行う。

詳しくはこちらでも解説→ 神経学的統合不全

1・で正常な筋肉を見つけたら、神経学的統合不全を確認していきましょう。 

 チェック場所は「兪府」 KI27ポイントです。

・正常な筋肉を見つけたら、患者さんに兪府を触ってもらう。

・筋肉が弱化しなかったら、インディケーター筋として検査に使う。

神経学的統合不全はこちらで紹介

3・神経学的統合不全も問題がなければ検査スタート。(インディケーター筋)

・弱化したら、体が不安定で、治療も検査もうまくいかない状態になる。 

 その場合は神経学的統合不全の治療を行う。→ 詳しくはこちらでも解説→ 神経学的統合不全

正常な筋肉、インディケーター筋を探せたら検査スタート

4・患者の問題部分に患者自身の手を当てて、テスト。

もし、問題があれば、インディケーター筋が弱くなる。(弱化を示す)

 患者自身の手を離すと、インディケーター筋は最初の強さに戻る。

 これを繰り返すことによって、治療の完了を知ることができます。

AKの治療の流れはこちらで解説しています。

「反応検査とは?・脚長差・AKのTL・Оリングテスト」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 治療院夢現塾・治療編

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。