坐骨神経痛の手術は有効か?・分析していきましょう。

目次:坐骨神経痛の手術は有効か?・分析していきましょう。

  1. 坐骨神経痛とは?
  2. 坐骨神経痛の手術を考える1
    手術前は15分で600mしか歩けない。 手術した痕は800mになった。
  3. 坐骨神経痛の手術を考える2
    手術した5年後 80%が満足している
  4. 坐骨神経痛の手術を考える3
    手術して10年後改善率は50% 満足度80% また手術したい人82%
  5. 坐骨神経痛の手術を考える4
    福島県 脊柱管狭窄症の70%は手術
  6. 坐骨神経痛の手術を考える5
    手術したほうが改善が早い ただ手術しなくてもどんどん良くなる。 最終的にはどっちも治り具合は一緒
  7. 坐骨神経痛の手術を考える6
    手術をして1年後改善率79% 4年後66%
  8. 坐骨神経痛の手術を考える7
    手術から8年~10年後には手術してない方が良好になる
  9. 坐骨神経痛の手術を考える8
    再手術は6% 再手術までは2年
  10. 坐骨神経痛の手術を考える9
    再手術は4% 平均年齢57歳 再手術までは2年
  11. 坐骨神経痛の手術を考える10
    再手術は6~18%と言われている。
  12. 手術推奨派? 手術しない派? 考察
  13. 手術と言われた人を紹介
    1・手術を覚悟してくださいと言われました。
    福島県 白河市 51歳 男性
    2・半年間歩けずに手術を進めらえれました
    福島県 田村市 70歳 女性
    3・手術もできない状態で3年も
    福島県 郡山市 57歳 女性
    4・手術をしたら別の症状で苦しみました
    福島県 南相馬市 28歳 男性
    5・入院しましたが、手術せずに治したかった
    福島県 郡山市 38歳 女性
  14. 歩けない坐骨神経痛を紹介 
    1・おんぶしてもらって来院してました。
    福島県 郡山市 90歳 女性
    2・歩けずに、買い物も、レジ待ちもできない
    福島県 郡山市 69歳 女性
    3・脊柱管狭窄症・2分も歩けませんでした
    福島県 白河市 62歳 女性
    4・1年前から10分も歩けません。
    福島県 郡山市 82歳 男性
    5・1年間・3分も歩けません。
    福島県 郡山市 67歳 男性

坐骨神経痛とは?

 坐骨神経痛とはそもそも、「症状」のことを言います。

 これは「腰痛」といっていることと何も変わりません。 病院で、「これは”腰痛”ですね」とはなりませんよね。 それと同じで、「”坐骨神経痛”です」と言われても何も話が進みません。 坐骨神経痛は「症状」といったように、この坐骨神経痛を出している原因があります。 

腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症だけでなく、椎間関節炎、梨状筋症候群、仙腸関節障害などなど

 まずは坐骨神経痛で手術と言っても、「腰痛で手術しました」というのは、意味も分からなくもないですが・・・ 腰痛の「何を」手術したのか?が抜けています。

 つまり「坐骨神経痛を手術しました。」というのは・・・少しずれた表現になります。 そのため、今回は、脊柱管狭窄症によって、治らない坐骨神経痛を手術したという表現に変えて進めていきます。 以下 坐骨神経痛の手術と表現します。 

坐骨神経痛の手術を考える

手術前は15分で600mしか歩けない。 手術した後は800mになった。

手術前に15分間に平均600mしか歩けない人。
(平均は1分で80m 15分で1200m だいたいOLの歩行速度)
 手術して、1ヶ月くらいは、病院でリハビリして、3か月後に800m。 

もう少し解説 
 ・平均は72歳 
 ・手術は全部 腰椎椎弓切除術
 ・手術する前は、リハビリや治療をしていなかったよ
 ・手術後のリハビリは3日以内に開始! コルセットは無し! 
 ・リハビリのやり方は院のやり方で進めていったよ! 体幹周りに、股関節に、足の筋力強化やストレッチ
 ・週5回に4週間くらい!
 ・家でやってもらったりもしたよ!
 ・退院後は院でリハビリはしていないよ!

一部抜粋 理学療法処置 
 術前の理学療法は全例実施していない。術後理学療法は3日以内に開始し,全身状態を考慮しながら,可及的早期に離床を行った。
 術後の腰椎コルセットの装着は全例なかった。
 術後の理学療法は,当院の※LSS術後のプロトコルに沿って進められた。
 理学療法プログラムは,体幹・下肢の筋力増強運動,股関節周囲筋を中心とした下肢のストレッチ,片脚立ちやバランスパッドなどを用いたバランス練習,基本動作練習,歩行練習,重量物の持ち上げ方・日常生活指導などであった。おおむね週5日,3週間から4週間退院時まで実施した。ホームエクササイズは,当院で入院中に実施していた下肢のストレッチや体幹・下肢の筋力増強運動,日常生活指導などを実施した。また,全例退院後の外来理学療法は実施していない。
→ 脊柱管狭窄症│手術後3か月│間欠性跛行  ※論文はこちら
※腰部脊柱管狭窄症 LSS ( Lumbar Spinal Stenosis )

坐骨神経痛の手術を考える

手術した5年後 80%が満足している

腰部脊柱管狭窄症 手術した5年位 80%が満足している。 

 多くの文献から腰部脊柱管狭窄症に対する手術成績をみると,4〜5年の経過では総じて70〜80%の患者で良好な成績が得られている。
 それ以後は次第に治療成績が低下することがあり,8〜10年以上になると良好な成績を維持しているものは平均して65%前後に落ち着くといえる.
→ 腰部脊柱管狭窄症│手術│4年後

坐骨神経痛の手術を考える

手術して10年後改善率は50% 満足度80% また手術したい人82%

 腰部脊柱管狭窄症 手術する?しない?
 脊柱管狭窄症の手術をした場合 10年後 改善率50% 満足度50% でもまた手術したい人が82% 

経過観察開始後8〜10年になると,手術治療群の腰痛改善率は50%,下肢痛改善率は67%,主症状改善率は54%で,患者満足度は55%であり,82%の患者は同じ治療を選択したいとの意向を示した.同研究から「8〜10年後の時点でみた場合,手術治療患者の50〜67%では高い疼痛緩和効果および患者満足度が得られているが,中間成績に比べると低い」とのエビデンスを得ることができる
→ 腰部脊柱管狭窄症│手術│4年後

坐骨神経痛の手術を考える

福島県 脊柱管狭窄症の70%は手術

2018年 福島県では脊柱管狭窄症の70%を手術している。

☆2018年度の福島県 脊柱管狭窄症の治療実績 合計1299 手術合計909 69.9%  手術なし合計390 30% 
→福島県病院別│脊柱管狭窄症の治療実績

坐骨神経痛の手術を考える

手術したほうが改善が早い ただ手術しなくてもどんどん良くなる。 最終的にはどっちも治り具合は一緒

① 重度の手術 ② 重症でない人 手術しないで治療 ③ ランダムで選んで手術しない治療 ④ ランダムで手術する人 
4年後 良好以上
① 84% ② 57% ③ 47% ④ 92%
 手術はやっぱり改善が早いよね!!(手術治療群では経時的に低下)
 手術しなくても、どんどん良くなっていくね!!(保存治療群での成績が経時的に向上)
最終的には、手術してもしなくても70%になるね!

腰部脊柱管狭窄症100例を対象とした比較研究を前向き形式で実施した.患者を重度手術治療群(S群)19例,軽度保存治療群(C群)50例,無作為化保存治療群(RC群)18例,無作為化手術治療群(RS群)13例の4群に割り付け,経過観察開始後4年と10年の時点で治療成績を評価した.4年後の成績が良好以上であった患者は,S群84%,C群57%,RC群47%,RS群92%であった.その後,保存治療群での成績が経時的に向上していたのに対し,手術治療群では経時的に低下したため,最終経過観察時の治療成績が良好以上であった割合は両群ともに70〜75%となっていた.同研究からは「手術(除圧術のみ)を受けた腰部脊柱管狭窄患者のうち,術後4年目にきわめて良好または良好との評価が得られるのは約80〜90%である.この数字から,術後10年目には70%台でほぼ落ち着く」とのエビデンスを得ることができる(EV level IV).
→ 腰部脊柱管狭窄症│手術│4年後

坐骨神経痛の手術を考える

手術をして1年後改善率79% 4年後66%

脊柱管狭窄症の手術を受けた人の1年後が改善率79%ただ4年後になると66%になる

Tuiteら21)は,腰部脊柱管狭窄症に対する手術治療(除圧術のみ)を受けた119例を後ろ向き形式で検討した.経過観察期間は平均4.6年で,症状改善率は経過観察開始1年後の時点で79%,経過観察最終時点で66%であった.妥当性が実証された評価法は適用されていないが,同研究からは「術後1年間でみた場合,腰部脊柱管狭窄症の手術治療患者の79%では良好な治療成績が得られる.しかし,術後平均4.6年間でこの割合は66%に低下する」とのエビデンスを得ることができる(EV level IV).

坐骨神経痛の手術を考える

手術から8年~10年後には手術してない方が良好になる

手術4年後は手術治療群の方が良好であるが徐々に良好が下がっていく傾向がある。
8年から10年になると手術しない治療が良好になる

Atlasら3)は,腰部脊柱管狭窄症148例を対象とした研究を前向き形式で実施し,手術治療(少数例に固定術追加)と保存治療との間で治療成績を比較検討した.脱落率は33%で死亡例が主であった.評価には妥当性が実証された方法が適用されており,経過観察開始後4年の成績は手術治療群のほうが良好であったが,その後経時的に低下し,最終経過観察時点では保存治療群が逆転していた.経過観察開始後8〜10年になると,手術治療群の腰痛改善率は50%,下肢痛改善率は67%,主症状改善率は54%で,患者満足度は55%であり,82%の患者は同じ治療を選択したいとの意向を示した.同研究から「8〜10年後の時点でみた場合,手術治療患者の50〜67%では高い疼痛緩和効果および患者満足度が得られているが,中間成績に比べると低い」とのエビデンスを得ることができる(EV level IV).

坐骨神経痛の手術を考える

再手術は6% 再手術までは2年

再手術は1098人中 66人 6% 再々手術は 66人中 9人(13%)
再手術までの期間は2年位

2003年1月~2011年12月までに腰部脊柱管狭窄症に対して、当院で手術を行った1098例(男性689人、女409人 平均68.2歳)のうち、再手術を行ったものは66人、再々手術を行ったのは9人であり、計84手術について検討した。
再手術までの期間は,
再狭窄 5~78.1 カ月 (平均 23.3カ月),
隣接椎間狭窄 3.6~86.1 カ月 (平均39 カ月),
椎間板ヘルニア2.3~73.0 カ月 (平均 20 カ月),
固定器具トラブル 0.7~88.7 カ月 (平均15.1 カ月),
当該椎間のすベりの進行·発生 0.3~47.3 カ月 (平均 16.7カ月),
感染症 0.3~57.1 カ月 (平均 11.7カ月),
移植骨逸脱 0.2~3.5カ月(平均1.8カ月)であった。
隣接椎間狭窄のみ有意に再手術に至るまでの期間が長くなっていた。
腰部脊柱管狭窄症再手術例の検討

坐骨神経痛の手術を考える

再手術は4% 平均年齢57歳 再手術までは2年

再手術は489例分の21例(4%)平均年齢は57歳 症状が出てから2年内位で再手術しているよ。

過去5年間 489例の腰部脊柱管狭窄症に対して、後方除圧術が行われた。その中で、再手術21例(A郡 4%)とた他施設からの当院の再手術33例(B郡)の合計54例。 A郡は平均年齢57歳(39~75歳)男性13例、女性8例、B郡は平均年齢64歳(32~83歳)男性20例、女性13例
 手術後の成績 
症状改善率は68.8%。症状が出て手術までの期間は、平均21,2か月であった。
腰部脊柱管狭窄症に対する再手術例の検討

坐骨神経痛の手術を考える10

再手術は6~18%と言われている。

腰部脊柱管狭窄症の再手術は6%~18%っていわれているよ!

外科的治療を行った、腰部脊柱管狭窄症に対し、6,5%~18%に再手術が必要となると報告されている。
 腰部脊柱管狭窄症に対する再手術例の検討

手術推奨派? 手術しない派? 考察

果たして手術したほうがいいのか? 悪いのか?

 ここのページを見ていただいているということは手術に迷っていると考えます。 手術したほうがいいのか?論文を元に客観的に考えていきたいと思います。

手術推奨派 手術に関しては、手術して、すぐに症状が落ち着くことがわかります。(症状改善率が80~90%)

手術しない派 でも手術しなくても8年後はどっちも同じくらい、10年後は手術しないほうが良かったりするよ!

手術推奨派 10年後の手術した人の82%がまた手術してもいいと考えているよ!

手術tしない派 手術改善率が80% そして再手術率が10%くらい そしたら20%の人は何しているの? 再手術が10%だとしたら、10%は整体とかで治したのかな? そこも考えないとね。 

手術する?しない? 結局は答えはありません。

 症状改善率が高いと言っても、しびれは残っている方もいます。

 しかし しびれが残っているからと言っても、歩けるようになれば、本人は満足します。

 答えがないのは、患者さん本人が何を信じているかによって話が変わってくるのです。

 当院は、手術と言われてから、検索して来院していただくことが多いです。

 今は医療も変わってきていますので、手術の質も大幅に上がっていると思います。 

 最初に答えはないと話したように、自分の信じている方向に、自信をもって進んでいただくことが、患者さんの満足につながると思っています。

 最後は当院の手術と言われた患者さんの紹介、 歩けない患者さんの紹介をしていきます。  

坐骨神経痛・手術と言われた人を紹介

手術を覚悟してくださいと言われました。

 歩いていても常に右足が痛み、100m歩くのに数回休まないといけない痛みが1年位つづきました。

 病院にも通って鎮痛剤をもらっていましたが、痛みに変化がないまま「脊柱管狭窄症」と言われ手術を覚悟してくださいと言われました。

 本当に手術しか方法が無いのかとインターネットで探していた中で、こちら(柴宮整骨院 感謝)のホームページを見つけて足を運びました。

 今では足の痛みが無くなり、普通に歩けるようになり、痛みを感じずに仕事も出来るようになりました!!

 是非ここの治療をお薦めします!
 
 福島県 白河市 51歳 男性 個人の感想です。詳しくはこちら

半年間歩けずに手術を進めらえれました

 半年間ほど坐骨神経痛が原因で右側の足が全部しびれてしまい歩くことができませんでした。
 
 半年もうまく歩けずに、病院や整形外科に行くとレントゲンや、MRIで検査をした結果、手術を進められました。 

 しかし「しびれ専門院」を紹介されてこちら(柴宮整骨院 感謝)に通うようになってから、足が軽くなって、痛みがなくなりました!!

 福島県 田村市 70歳 女性 個人の感想です。 詳しくはこちら 

手術もできない状態で3年も

 腰と足の痺れ、歩くのもそうですが、立っているだけでも辛かったです。

 3年近くは変わらないまま病院に通い続け、手術もできない状態で、病院から見放されていた時、「しびれ専門」の先生を知りました。 

 通うようになってから、歩くこと、お店で動くこともできています!

 どうしても治らない、手術しかない、そんな風に言われた方は、ぜひ先生の所へ来てみて下さい!

 身体が楽になりますよ!
 
 福島県 郡山市 57歳 女性 個人の感想です。詳しくはこちら

手術をしたら別の症状で苦しみました

 両足のしびれ4年間 動けないくらい苦しかった。

 ヘルニアの手術をしてから脊柱管狭窄症になりました。

 腰から下、両足の全体に痛みがありました。

 日常のすべてが辛かった。

 こちら(柴宮整骨院 感謝)に通うようになってから、体が変わりました!!

 痺れも痛みもありません!!

 ここに来たほうがよくなると思います! 

 福島県 南相馬市 28歳 男性 個人の感想です。詳しくはこちら

入院しましたが、手術せずに治したかった

 立ってるのがつらく歩いていると腰までしびれと痛みがありました。

 入院をしたこともあります。

 病院でリハビリをして出された薬を飲んでも良くなりませんでした・・

 手術をせず治したかったので、ネットで検索をして柴宮整骨院 感謝 に通うようになりました。

 治療してもらうことに良くなり、特に左足のしびれが治ってきました!

 もうダメだと思ったらここに受診してみて下さい! 
 
 福島県 郡山市 38歳 女性 個人の感想です。 詳しくはこちら 

歩けない坐骨神経痛の方を紹介

おんぶしてもらって来院してました。

 2ヶ月間、歩こうと動くと腰から下、両足とも痛みが走り、しびれがあり、力が入らず歩けませんでした。

 整形では神経関節炎と言われ注射もしましたが良くならずうちの孫に紹介され柴宮整骨院 感謝に連れてきてもらいました。

 最初は、孫におんぶしてもらう形で来ましたが、治療をして、自分で歩けるようになって本当に感謝しています!

 歩くこともできず困っている方は見てもらうことを薦めます!

 本当によくなりますから!
 
 福島県 郡山市 90歳 女性 個人の感想です。 詳しくはこちら

歩けずに、買い物も、レジ待ちもできない

 1年間坐骨神経痛で仰向けにも寝れず、立っているのも辛く、

 少し歩こうとも歩くこともできませんでした。

 冷房にも辛さを感じ、両足の裏がしびれる感じです。

 病院で痛み止めをもらい飲んでも効かず・・困っていた時、家族から 柴宮整骨院 感謝 を勧められ来院しました。

 治療していくことに痛みがなくなり、歩けるようにまでなりました!!

 元の生活に戻れて感謝の気持ちでいっぱいです!

 何をやってもダメならここで試してみる価値があります!

 福島県 郡山市 69歳 女性 個人の感想です。  詳しくはこちら

脊柱管狭窄症・2分も歩けませんでした

 病院では「脊柱管狭窄症」といわれ、お尻から足先までの痺れがくあり、2分も歩けませんでした。

 何件か病院に通っていましたが全く変わらず・・そんな時にネットで「しびれ専門」を見つけ足を運びました。

 症状が出てる所だけではなく体全体を良くしてもらってます!

 今では痺れを気にせず歩けるようになったので、旅行とかに行きたいなと思っています!

 ぜひ、一度来院してみて下さい、必ず結果が出てきます!  

 福島県 白河市 62歳 個人の感想です。 詳しくはこちら 

1年前から10分も歩けません。

 1年前から歩くとに腰に痛みがあり、足にしびれが出るようになりました。

 10分も歩けません。 

 整形外科で治療をするも変わりませんでした。

 その時にネットで検索をし 柴宮整骨院 感謝 に通うことにしました。

 そしたら、歩くと腰の痛みがあったのに、

 腰痛が全くなくなりました!!

 先生を信じて話を聞き、治療することをお勧めします! 

 福島県 郡山市 82歳 男性 個人の感想です。 詳しくはこちら

1年間・3分も歩けません。

 1年間 3分も歩けなかったしびれが改善しました!!

 福島県 郡山市 67歳 男性 個人の感想です。 詳しくはこちら

1・初回30分以上のカウンセリング・検査で原因を徹底的に特定

本当の原因の特定こそが、根本改善への近道。しっかり時間をかけて調べます。

※初回は検査を含みますので1時間を目安に進みます。

※詳しくはこちらで説明しています。
→ 初めての方へ

2・痛みのないソフトな施術

心身に負担がなく、小さなお子様からご年配の方まで安心して受けていただけます。

→ 高齢のしびれはこちら

3・のべ6万人が感動!院長がすべてを施術を担当します

歴13年の院長が、豊富な経験と知識を駆使したオーダーメイドの施術で根本改善へと導きます。

4・再発予防もバッチリ!アフターフォローが充実

更なる施術効果アップ & 再発予防のため、セルフケア指導に注力。自宅で簡単にできる資料もお渡しします。 

5・どこに行ってもよくならない重い症状にも対応

病院や整体・整骨院など、どこに行っても改善しないしびれやめまいに対応しています。

6・院長は全国の治療家に技術指導をしています

業界内でも技術が評判で、当院院長主催の技術セミナーも行っております。 

→ 治療方法はこちら

7・土日祝も受付。完全予約制だから通いやすい

当院の技術が福島県で初の神の手治療院に選ばれました。 

お陰様でたくさんの患者様に喜んでくださいました♪

原因不明のめまい

難病のしびれ

難病のめまい

手術しても治らないしびれ

病院ではたらい回し

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: その悩み諦めずに-710x197.png

他にも読まれています。