東洋医学の歴史

投稿日:2022年7月4日 更新日:2024年1月30日

昔の自分と未来の子供たちへ・治療院夢現塾・感謝

東洋医学の体系化が進められたのは、紀元前2~3世紀の頃。

大きく三大古典
・「黄帝内径」(こうていだいけい、こうていだいきょう、こうていないけい)
・「神農本草経」(しんのうほんぞうきょう、しんのうほんぞうけい)
・「傷寒雑病論」(しょうかんざつびょうろん)

 ・日本における東洋医学の歴史は次の五節に分けることができます。参照:東洋医学の歴史と現代

①初期 (6~15世 紀) は中国医学の導入から独歩への最初の努力の時期であり、代表的著作としては丹波康頼 (912-995) の 『医心方』(日本に現存する最古の医学書である)がある。

丹波康頼

②後世派(16~17世紀)は、中国の金・元時代の医学の影響が強く認められる時期であり、田代三喜 (1465-1544?), 曲直瀬道三 (1507-1594)、曲直瀬玄朔 (1549-1631)らに代表される。

田代 三喜
曲直瀬道三
曲直瀬玄朔

③古方派 (17~19世紀) は中国医学の日本化が強力に推し進められた時期であり、 山脇東洋 (1705-1762) ,、吉益東洞 (1702-1773)ら により実証主義的色彩が強く打ち出され、一方では人体解剖が行われ、いま一方では『傷寒論』の再評価が進められた。

山脇東洋
吉益東洞

④西洋医学の導入は16世紀後半に始められたが、漢方と対立する勢力になったのは18世紀 以降のことであり、杉田玄白らの『解体新書』は1774年に刊行された。また西洋医学の本格的労作である宇田川玄随の『西説内科選要』は1793年に刊行されている。

 ここで、幕末から明治を迎えるようになるが、政府は、明治16年(1883年)に医術開業試験基礎空を布告して、西洋医学の習得、国家資格に合格、そして医師に慣れないことになっています。 
 医師になったのちは、漢方を扱うことも可能だが、せっかく、エリート医師になったのに、時代遅れとなっている、「漢方医」になりたがる人は少なかった。

⑤東洋医学の復興は、明治初期に認められる。 
 天才的な薬理学者、東京大学助教授、猪子吉人が大小40篇の、漢方に対する論文を発表。論文のすべては、「東京大学医学部薬理学教室論文集」に収められている。 
 もう一人、長井長義(1845-1929)。麻黄(まおう=漢方)の一成分エフェドリンを発見。これは、漢方の近代的研究に努めた最初の人である。

 こうして、明治末期のほとんど絶滅していた漢方が、昭和初期に復興していった。 本当の意味での漢方の再評価、復興は、第二次世界大戦後の昭和20年代以降である。

昭和15年(1940)に医師で最初の文化勲章ぞ受賞された佐々木隆興(1878-1966)は昭和28年(1953)に日本内科学会創立50周年記念講演として「現代医学と東洋医学」と題して、講演を行っている。

佐々木隆興

「東洋医学では精神と肉体の関係、環境の精神・肉体に及ぼす影響が昔より注目され論説されております。」

「病気はすべて全身のそれであって、部分の病気は存在しない。」

昔の自分と未来の子供たちへ・治療院夢現塾・感謝
夢現塾とは?

 私は21才で専門学校を卒業して、すぐに院長になりました。 

 経営・治療・スタッフ教育・ 患者さんが来ないことに対して、夜中に来るように神頼みするだけの日々を送ってきたこともあります。 

 21才でお金もない。 

 ただ、自分で調べる力はある。 

 そんな昔の自分のために、治療院夢現塾を作っております。 

▷治療院夢現塾 経営編◁

▷治療院夢現塾 治療編◁

感謝