病院で治らない【顔のしびれ】お任せください!

 この度は顔のしびれのホームぺージのお越しいただきありがとうございます。

 このホームページでは 病院で治らない 顔のしびれ を紹介していきます。 

脳には問題ないと言われた。
ストレスから来ていると言われた。
三叉神経痛ではないと思う

上記に当てはまる人が参考になるページです。

・・・目次

  1. 顔のしびれ 原因
          脳
          三叉神経痛
    その他にもしびれる原因があります。
  2. 顔のしびれ 三叉神経痛との違い
  3. 顔のしびれ 顔の表面がしびれる
  4. 顔のしびれ 他の原因
          構造的問題
          自律神経的問題
  5. 顔のしびれ → ストレスは関係ない

顔のしびれ 原因

1・脳 

 顔がしびれる原因に一番に考えるのは、 脳梗塞などの脳卒中ではないでしょうか? 

 こちらは、他にたくさんのホームページに記載してあるので割愛していきますね。 
 
「不安要素は残すな」 ということで、 

 顔のしびれをご案内する前に病院で見ていただいています。 

 まずは病院で重度の問題がないことを確認してください。 

2・ 顔のしびれ 三叉神経痛との違い

 病院に行けば三叉神経痛も一緒に確認してもらえるでしょう。 

こちらでも特徴をお伝えすると、 

 数秒の突発的な痛みが走る、 
 5分10分痛みが続くようなことはない 

などが特徴に当たります。

しかしながら、当院に来る患者さんは、顔の皮膚表面にしびれを感じると表現します。

これは、三叉神経痛と違います。

先ほども記載したように、そのほかにも痺れ原因はあります。

顔のしびれ 他の原因

顔のしびれには他にも原因があります。 

大きく分けると、構造的問題 と 自律神経的問題に当たります。 

そちらを詳しく説明していきましょう。

顔のしびれ 構造的問題

構造的問題の中で特徴的な症状は、

皮膚が分厚い、鈍い感じがある
皮膚の表面にしびれる感じがある
朝が〜、または、夜が〜、としびれに特徴的な時間がある。

が、構造的問題から起きる、しびれの症状です。 

 ただ、顔のしびれに関しては、構造的だけの問題で起きていることはほぼありません。

 自律神経的問題も一緒に入っている場合がほとんどです。 

顔のしびれ 自律神経的問題



顔のしびれの自律神経的問題も解説していきます。

主な特徴としては、

しびれる時、しびれない時、波がある。
動悸、首の重さ、頭の重さを感じる

等があります。 これらは自律神経の問題と似ていますね。

先ほどにも、構造的問題だけで顔のしびれを起こしていることはほぼありません。 

体の変化としての流れは、 

自律神経的問題 が起きて、 構造的問題に影響を出して、

顔のしびれになることがほとんどです。

ちなみに、顔のしびれに、「ストレス」は関係ありません。

詳しく、専用のページに記載しております。 

顔のしびれに関しては、ストレスは関係ありません。

病院で治らないしびれは、

自律神経的問題が構造的問題に影響だし、顔がしびれるようになります。 

自律神経的問題は、内臓の治療、構造的問題は頭蓋骨の治療が必要になり、

顔のしびれは二つを同時に治療する必要があります。

病院で治らない 顔のしびれは、 病院とは、 違う視点で問題を見ることができれば、改善につながるでしょう。

初めての方はこちらをご覧ください。
↓ ↓
▷初めての方へ 

業界内でも技術が評判です。 
詳しくはこちらでも記入しております。 ▷治療方法

当院は家族で治療を行っております。 お互いに柔道整復師の国家資格を保有しております。

福島県で初めて神の手を持つ治療院に選ばれました。

心身に負担がなく、ご年配の方も安心して受けていただけます。 
▷高齢 しびれ 

ストレスなくご来院いただけるよう、土日祝営業、完全予約制を採用しております。(要予約)

フェイスペーパー使用やアルコール除菌など、当たり前ですが、衛生管理にも力を入れております。

病院や整体・整骨院など、どこに行っても治らない痛みやしびれにも対応しております。