神経学的統合不全│AK│アプライドキネシオロジー

神経学的統合不全

筋肉は機能的に正常にテストされなければならない 

求心性受容器が中枢神経システムの解釈と矛盾した情報をおくることに起因すると考えられている。 
目のやつ 歩行のやつ 
神経学的統合不全は右側と左側の機能に関与するために 統合不全は スイッチング として知られる。 

しかし障害は神経システムに関与するために、正確には、 神経学的統合不全と呼ばれる。 

他の原因や、筋機能障害や姿勢不均衡がみられない場合、この矛盾を理解するには不可能である。 

このために、神経学的統合不全はは予測不可能なものになり、すなわち、原因不明となる。

ぐっとハートは、KI27 兪府 と 臍 を同時に刺激することによって、神経学的統合不全を一時的に解除することを見つけた、

統合不全がある場合に、治療を加えることは、間違った治療を進めることになる、

神経学的統合不全は 検出されていない機能障害を起こして、実際に存在しない問題を示すことになるだろう。

アプライドキネシオロジー にの神経学的統合不全はの検出は KI27 兪府 への セラピーローカリゼーションによるテストである。 

検査の陽性は神経学的統合不全の存在を示す。

通常の治療方法は、KI27 兪府 と臍 への刺激である。 

治療による反応が弱いときは、再検査のたびに KI27は陽性を示すこともある。

初心者の場合は、KI27と臍の刺激による、最初に、統合不全をなくすことが大切である。

目の動き
目の機能障害
目の動きと位置は 視覚 迷路 頭部頚部立ち直り反射を含む平衡感覚器に複雑に関与する。 目をある方向に動かした後に正常なインディケーター筋の弱化を得ることで検出される。

多くはKI27のTL陽性で検出される。
右回り 左回りの目の動きをしてもらって検査 筋の弱化を確認 
通常はKI27と臍の治療で解除される。  根本原因は頭蓋骨の問題がある

治療は一側のKI27と臍 の刺激20秒ほど そしてもう一側のKI27と臍を刺激 20秒 これで 統合不全は陰性を示し、 筋力テストは正常に行われるであろう。
 目の統合不全が(オキュラーロック)治った検査は再度、陽性を検査、 陰性を示せばOK

神経学的統合不全の原因の検出 

神経学的統合不全の原因が治療されない限りは効果が一時的になる。 

例えば、歩行や食事など、 
足のサブラクゼーションがある場合は、足にストレスを加えることで、再度、神経学的統合不全が表れる。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 図説AKのテクニック―アプライド・キネシオロジーの理論と治療法.jpg

AK では、人体が異常な健康状態の時に生じる現象のうち、神経系の乱れおよびエネルギーパターンの錯乱を「スイッチング」とよぶ。
この現象は、身体に疾患があれば常時発生するというものではない。スイッチングのある人は、

1.ある筋肉が弱い
2.治療を施せなくとも2~3分すると弱かった筋肉が強くなる
3.再び時間が経過すると弱くなる

という具合に筋肉の強度の変化がある。
スイッチングの影響を受けている筋肉は現実にテストしてみると弱いが、この弱さの原因は身体の反対側にある。
例えば、肩が水平で右側の後頭骨が上がっている。
しかし、 頚部の伸展筋の筋力テストをすると左側が弱い。正常な人であれば、右側の伸展筋が弱いはずである。 このように、スイッチングは姿勢分析と筋力テストを比較することによっても、 身体の異常現象であることがわかる。したがって、 TSライン (側頭蝶形縫合線)および姿勢分析から推測させる筋肉の筋力が筋力テストの結果と一致しない場合は、スイッチングしていると考えられるのである。
筋肉の強さは、神経信号およびエネルギーによって左右されるものであるから、神経系およびエネルギー系統が正常に作動していなかったらどうなるであろうか。
特に、AK においてはインディケーター筋の筋力を検査することで診断、治療、さらに治療後の確認を行なうものであるから、 筋肉が正確に身体の状態および情報を表現することがこの治療システムの基本となる。 したがって、筋力テストの正確さを期すためには、 薬および注射は外部から化学的に身体のパターンを変化させるので避けることである。
「身体較正」とは、 このスイッチング現象を正すこと、 いわば身体という“測定器”の較正および零点調整だといえる。
(※インディケーター筋とは任意に選択した筋肉で、 チャレンジを評価す
るために利用される。普通、 強い筋肉をインディケーター筋として選ぶ。)

検査|
K27に TLしてインディケーター筋をテストする。もし、 いずれかのKI
27において、インディケーター筋が弱くなればスイッチングがある。
検査 2
オキューラロック (OCULAR LOCK)があるか検査する。 頭を固定し
たままで、目を可能な限り、 側方に向けさせ、 インディケーター筋をテストする。反対側にも同様にして、 インディケーター筋をテストする。もし、オキューラロックがあればインディケーター筋が弱くなる。

治 療
指をへそに当て、 K27を約30秒間刺激する。 K27は、体内におけるエネルギーの流れ(特に腰椎の伸展、屈曲時) を調整するオルターネーターである。
K27は、古典中国針灸では、 針の中心点 (HOME OF ASSOCIATED
POINTS)と呼ばれ、 分類されている。 スイッチングのある患者は、 インディケーター筋の弱くなった側へ2週間クロスクローの運動をさせることにより、新しいパターンを確立させ、 スイッチングが再び発生しないようにする。