脊柱管狭窄症│手術後3か月│間欠性跛行 

手術前に平均600mしか歩けない人 が手術して、1ヶ月くらいは、病院でリハビリして、3か月後に800mしか歩けてない? でも有意な改善とみられる? 痛みは 5→3 これは本当に改善したのかな?  

一部抜粋 理学療法処置 
術前の理学療法は全例実施していない。術後理学療法は3日以内に開始し,全身状態を考慮しながら,可及的早期に離床を行った。術後の腰椎コルセットの装着は全例なかった。術後の理学療法は,当院のLSS術後のプロトコルに沿って進められた。理学療法プログラムは,体幹・下肢の筋力増強運動,股関節周囲筋を中心とした下肢のストレッチ,片脚立ちやバランスパッドなどを用いたバランス練習,基本動作練習,歩行練習,重量物の持ち上げ方・日常生活指導などであった。おおむね週5日,3週間から4週間退院時まで実施した。ホームエクササイズは,当院で入院中に実施していた下肢のストレッチや体幹・下肢の筋力増強運動,日常生活指導などを実施した。また,全例退院後の外来理学療法は実施していない。
→ 脊柱管狭窄症│手術後3か月│間欠性跛行 

東北理学療法学,第29号:33 - 41,2017

腰部脊柱管狭窄症術後3カ月の間欠性跛行とQOL の関連性

柏木智一1) 横山 徹2)

一部抜粋 理学療法処置 
術前の理学療法は全例実施していない。術後理学療法は3日以内に開始し,全身状態を考慮しながら,可及的早期に離床を行った。術後の腰椎コルセットの装着は全例なかった。術後の理学療法は,当院のLSS術後のプロトコルに沿って進められた。理学療法プログラムは,体幹・下肢の筋力増強運動,股関節周囲筋を中心とした下肢のストレッチ,片脚立ちやバランスパッドなどを用いたバランス練習,基本動作練習,歩行練習,重量物の持ち上げ方・日常生活指導などであった。おおむね週5日,3週間から4週間退院時まで実施した。ホームエクササイズは,当院で入院中に実施していた下肢のストレッチや体幹・下肢の筋力増強運動,日常生活指導などを実施した。また,全例退院後の外来理学療法は実施していない。