脊髄小脳変性症・徹底分析

投稿日:2023年9月1日 更新日:2023年9月22日

○ 脊髄小脳変性症とは? 歩行時のふらつき、 手の震え、ろれつが回らないなどの症状が出ます。 これらの症状を運動失調症状と呼びます。 原因は、腫瘍、脳出血、脳梗塞、炎症(小脳炎、多発性硬化症)など。 病気の種類によっては脊髄にも病気が広がることが多いので、「脊髄小脳変性症」と言います。 

○ 脊髄小脳変性症の患者さんは、全国で3万人と言われています。 その中の3分の1は遺伝性の脊髄小脳変性症と言われています。  ○遺伝性の確認は?