良性発作性頭位めまい症・徹底分析

投稿日:2023年3月23日 更新日:2024年1月30日

骨格と内臓を整えて、健康で充実した身体へ・根本回復・めまい専門院・「治らない」を専門対応

良性発作性頭位めまい症

 良性発作性頭位めまい症は、英語で、Benign Paroxysmal Positional Vertigoといいます。

 この頭文字をとって、「BPPV」 というように略して呼ばれています。

 ここでは、わかりやすいように「頭位めまい症」と呼ぶことにしていきます。

 良性発作性頭位めまい症の症状は? 安静にしている時は平気ですが、頭を動かしたときに起こるめまいが特徴です。 目薬を差すような頭の動きや、シャンプーの頭の動き、寝返りを打つときなどの横向きで起こることが多いです。 症状は、ぐるぐる回ることも特徴です。 1回の発作ででは1分以内の短時間で収まるのですが、頭を動かすとまた目が回ってしまうことを繰り返します。 吐き気や、嘔吐も伴いますが、耳鳴りや難聴はないことも特徴です。 頭位めまい症では、頭痛はありませんが、片頭痛持ちの人が、頭位めまい症を発症する頻度が多いこともわかっています。

 良性発作性頭位めまい症の原因 良性発作性頭位めまい症の原因は、「耳石」と言われる炭酸カルシウムの決勝です。 内耳の耳石器と呼ばれる、重力や体の方向など感知する期間の中の問題です。 耳石器は間隔細胞の上に耳石があるような構造をしていて、細胞の上の粒々が乗っているような状態で、頭を動かすと、耳石が動き感覚細胞が刺激されて、方向などを感知する仕組みをしています。 

感謝