良質な整骨院の選び方

投稿日:2023年11月28日 更新日:2023年12月11日

 今回は「良質な整骨院の選び方」について解説していきます。

~まとめ~

 最初に結論を言うと、

「計画がしっかりあるのか」。

 一番は「計画」です。

「〇回でどうなる」
「○ヶ月でどうなる」

と、明確な計画がある場所が一番大切です。

 詳しく解説していきましょう。

1 整体と整骨院の違いは?

~結論~

料金の違いはあるけれど、治療技術の違いはありません。

~おすすめ記事~
整骨院・整体の料金体制について

解説~整体と整骨院の違いは?~

 私は整骨院を行っていますが、簡潔に言うと、「違いはない」と説明します。

 厳密には違いはありますが、2つほど解説していきます。 

・免許
・料金

~免許~

 整骨院は「柔道整復師」という国家資格を取り、お店を始めることができます。

 柔道整復師とは、整形外科ができる前に、骨折や、脱臼などのけがを医師の代わりに治すことができるものです。 

 何事もそうですが、免許は最低限の知識であって、国家資格を取ったからと言って、「一流」になるわけではありません。

 整体の無資格でも、凄腕治療家はいます。

~料金~

 一般的なイメージでは、整骨院は、保険を使って、安価で対応するイメージであっていると言っていいでしょう。

【治療家へ・・・裏話】

 最近では整骨院で「自費施術」が多くなってきています。

 それは、保険を使っても1回1000円(平均)しかもらえないからです。

 整体も含め全国平均は、5000円と言われています。

 そんなことで、保険+実費治療 で 3500円 の治療院が多くあります。

2 整骨院と接骨院の違いは?

~結論~

整骨院と接骨院は一緒。

解説~整骨院と接骨院の違いは?~

 整骨院と接骨院は一緒の意味です。

 ちなみに、法律上では、私たち柔道整復師の看板は、「接骨院」か「ほねつぎ」 になっています。

 (聞いた話ですが)昔に「整骨院」を許可してしまい、そのままの流れで今日に至るようです。

 最近では、整骨院に名前を廃止する流れがあります。

 整形外科と間違えないようにするためとのこと。

3 病院と整骨院はどのように使い分けるのか?

~結論~

 最初は病院。

 3ヵ月で治らないなら、整骨院をおすすめします。

~おすすめ記事~
病院と整骨院どっちに通えばいいの?

解説~整骨院と接骨院の違いは?~

 お体に困ったら、最初は病院をおすすめします。

 肩こりでもそうですし、腰痛でもそうです。

 病院では、症状を治す以外にも、他にも 腫瘍 や 別な病気がないかを確認してくれます。 

 そのなかで、3ヵ月 経過しても、納得いく効果がない場合に、整体、整骨院に通うことをおすすめします。

 体は 3ヶ月 で変わることができます。

 3ヵ月で変化がなければ、病院では治らないのかもしれない。と考えて、整体、整骨院に通う選択がいいと思います。

 病院で治らないのが すべて重症 というわけではなく、整体、整骨院では、病院とは違う考え方で対応できるので、改善する人もいるのです。

~おすすめ記事~
病院と整骨院どっちに通えばいいの?

4 良質な整骨院を選ぶポイント

 最初にお話ししたように、一番は重要視するのは、「計画」と私は伝えています。 

〇回でどの状態に持っていくのか? 
〇回で終了にもっていくのか 

 未来の計画です。

 すごく当たり前ですが、この当たり前がない治療院が多いです。

 「まず治療していきましょう」みたいな形ですね・・・

 初回の話し合いが大切です。

 計画を伝えられて、それに納得し、治療を受けれるのがいいですね。

5 整体・整骨院、どんな治療がいいのか?

~結論~

なんでもよい。

解説~整体・整骨院、どんな治療がいいのか?~

 私たちのような治療院は、民間医療と言われています。

 この民間医療では、さまざまな治療が存在します。

 マッサージ、
 矯正、
 アロマ、
 音楽、
 波動水

など、

 これに関しては、治療方法は関係ないとお伝えしています。

 私もたくさんのジャンルを勉強していました。

 勉強して感じたことは、治療方法を上達すると、「いきつくところはみんな同じ」でした。

 つまり、「どんな治療方法ですか?」というよりは、

「その治療方法をどのくらい極めているんですか?」

 という質問が適しています。

 しかし、「治療方法をどのくらい極めているのか?」 は、治療家自身もわからない場合が多いです。

 さらに、一般には、もっとわからない範囲の話です。

 では、どうやって選ぶのか?

 私が患者さんいお伝えしているのは、

と、話しています。

 ある一定の症状の重さになると、治療家だけではなく、患者様と一緒に治療を勧めなければなりません。

 その時に、「この先生の話を参考に進めていこう!」と思える先生に出会うことで、より改善が早くなります。

 そのために、たくさんの治療院に足を運ぶ必要があるかもしれません。

 ある程度線引きはできますのでお伝えしていきます。

~おすすめ記事~
▷整体・整骨院・どんな治療がいいのか?◁

まとめ

計画の中には、

・治療方法
・通院間隔
・通院期間
・料金

 が、入ってきます。

「どのくらいまでに、
どのくらい改善を目指すのか」

 そして、その話に納得し、治療を開始できているのか?

 が、ポイントだと思います。

 少しでも不安がないように。

 少しでも後悔がないように。