頚椎ヘルニアの手術を分析・手術は有効か?・手術をしない場合どうなのか?

目次:頚椎ヘルニアの手術を分析・手術は有効か?

  1. 頚椎ヘルニアの手術方法 一部紹介
    ・頚椎前方到達法
    ・頚椎前方固定術
  2. 頚椎ヘルニアの手術を考える まとめ
  3. 頚椎ヘルニアの手術を考える1
    手術平均年齢51歳 再手術は12% 92%は痛み消失
  4. 頚椎ヘルニアの手術を考える2
    歩くのができない、文字が書けないのは手術
  5. 頚椎ヘルニアの手術を考える3
    頚椎ヘルニアの手術・再手術は10%程
  6. 頚椎ヘルニアの手術を考える4
    治療しないで治ることはほぼない
  7. 頚椎ヘルニアの手術を考える5
    研究結果で評価は異なる
  8. 頚椎ヘルニアの手術を考える6
    手術しない治療で改善したのは21%
  9. 頚椎ヘルニアの手術を考える7
    歩行、手術した人半年で改善、3年維持 手術しない人は6ヶ月で悪化40%
  10. 頚椎ヘルニアの手術を考える8
    手術して3年後 手術した人の改善率40% 手術しない人の改善率37% 差は無し
  11. 頚椎ヘルニアの手術を考える9
    手術した人、手術しない人、半年後の健康状態、あまり変わらない
  12. 頚椎ヘルニアの手術を考える10
    ランダムに選んだ手術する人、手術しない人、3年後はあまり差がない
  13. 頚椎ヘルニアの手術を考える11
    重症の場合は早期に手術を進めている。
  14. 手術をするか? 手術しないで進めるか?
  15. 手術と言われた頚椎ヘルニアの方を紹介
    1・箸も持てない・ペットボトルも開けられない
    福島県 福島市 50歳 女性 
    2・半年ほどの手のしびれ・病院では「手術」
    福島県 田村市 75歳 男性
    3・文字が書けない・料理できないしびれ
    福島県 郡山市 49歳 女性
    4・病院では手術しか方法がないと言われた
    福島県 郡山市 29歳 女性
    5・文字を書くのが辛かったしびれ
    福島県 郡山市 61歳 女性
  16. 頚椎ヘルニアの手術方法 詳細

頚椎ヘルニアの手術方法 一部紹介

 頚椎ヘルニアは前から(喉から)手術をするのか? 後ろから手術するのか? 大まかに2つの手術方法があります。 

 頚椎ヘルニアに対する手術法としては1960年代までは後方法(後ろから)が一般的でしたが、ヘルニア摘出が手技的に困難であるという問題点があり、 1960年代から前方法が普及しました。
 しかし、 1980年代から手術用顕微鏡などが導入されたことにより、後方法の可能性が再検討されてきています。

手術方法はこちらで大まかに説明しております。 → 頚椎ヘルニアの手術方法 詳細

頚椎前方到達法

 この手術は、全身麻酔下で、仰臥位(仰向けの姿勢)で行います。脊髄に対する圧迫を除去できたことを確認後、頚椎に出来た空間に、腰骨からの骨や人工物(スペーサー)を挿入し、創部ドレナージと呼ばれる細い排液用の管を留置して手術を終えます。通常は2-3時間程度の手術となります。
詳しくはこちらで検索

頚椎前方固定術

 頚椎前方固定術とは、頚椎椎体前方(首の横)から椎間板を摘出し骨を削り、神経の圧迫を取り除くことにより症状の改善を図る手術です。椎間板を摘出したスペースには、椎間板の代替物を設置します。
詳しくはこちらで検索

手術方法はこちらで大まかに説明しております。 → 頚椎ヘルニアの手術方法 詳細

頚椎ヘルニアの手術を考える まとめ 

 最初に大まかなまとめを書いていきます。 これは論文をまとめた内容であり、 手術したほうがいいのか、手術しないほうがいいのかに関しては、別にまとめています。 → 手術するか? 手術しないで進めるか? 

 ○頚椎ヘルニアの手術平均年齢51歳 
 ○再手術は10%程
 ○歩行障害・文字が書けない・ボタンが留められないは手術(巧緻(こうち)運動障害)
 ○治療しないで治ることはほとんどない
 ○研究によって結果が変わる
 ○6ヶ月で手術するする人、手術しない人の健康状態に差がない報告
 ○保存治療(手術しない治療)半年後に40%悪化した報告もある

詳しく見ていきましょう。(論文を飛ばす → 手術するか? 手術しないで進めるか? )

頚椎ヘルニアの手術を考える 考察1

手術平均年齢51歳 再手術は12% 92%は痛み消失

手術の平均年齢は51歳! 54人中92%は腕の痛み、完全消失! 
再手術は頚の前からの手術で12.3% 後ろからでは1.4%なっているよ!

対象は2002年から2005年の間に手術を行った119例で,男89例,女30例,平均年齢 51歳(26-84歳)であった。病型は脊髄症39例,神経根症59例,根脊髄症21例であった。
神経根症では後方から顕微鏡視下ヘルニア摘出術が59例全例に行われていた。このうち2例は経硬膜的に摘出を行っていた。術後成績を見ると全例で上肢痛は軽減しており, 54例92%は完全に消失しており, 5例8%でごく軽度の上肢痛が残存していた。軽度のしびれが残存した症例が16例(27%)あった。脊髄症では前方固定術が6例に行われており,改善率63%,椎弓形成術が20例で改善率69%,椎弓形成術ヘルニア摘出術が13例で改善率68%であった(表1)ヘルニア摘出術のうち8例は経硬膜的に摘出しており改善率は65%であった。術式間の改善率には有意差はなかった。前方除圧固定術の長期的な問題点当科での頚椎手術における術後再手術例は前方法の再手術率12.3%に対し後方法では1.4%と,後方法の方が明らかに安定していた。
前方法から後方法-一頚椎椎間板ヘルニアに対する手術的治療

頚椎ヘルニアの手術を考える 考察

歩くのができない、文字が書けないのは手術

歩行障害、文字が書けない、ボタンが留めれない → 手術だね(巧緻(こうち)運動障害)
やはり年配は手術は控えて、でも若いと手術を進めることが多いよ!

歩行障害、字が書きにくい、ボタンを書きにくいといった、手の巧緻運動障害などの脊髄症状があり、しかも進行性であれば手術適応とされている。麻痺の程度が軽い場合は保存療法か手術療法か意見の分かれる場合が多いが一般に高齢者では保存療法が選択されることが多く、若年層では機能障害が軽くても手術を進める場合が少なくない。
頚椎症性脊髄症 診療ガイドライン

頚椎ヘルニアの手術を考える 考察

頚椎ヘルニアの手術・再手術は10%程

再手術になった人は、
1・100人中9人(9%)
2・106人中17人(16%)
3・33人中5人(15%)

前方除圧固定術後10年以上経過観察できた100例中9例で再手術(EV level7),5年以上では106例中17例で再手術(EV level 72), 16年以上追跡できた33例(うち頚椎症は21例)では5例に再手術が行われていた(EV level7°). 原因は脊柱管狭窄(12ないし13mm以下)を基盤とした固定隣接椎間障害であったという点で一致していた(EV level 7)
頚椎症性脊髄症 診療ガイドライン

頚椎ヘルニアの手術を考える 考察

治療しないで治ることはほぼない

治療しないで治るのは珍しい・・・
治療しないで5年、改善26% 変わらない26% 悪化49% だよ!

頸椎部圧迫性脊髓症120例のレビューがある(EV level 9). Natural history のAT 75%episodic worsening”, 20% “slow steady progression”, 5%rapidonset of symptoms that resulted in permanent disability” Th, Aih
未治療で改善することはまれであると述べている.
一方, わが国での頚椎症性脊髄症74例の自然経過の調査(EV level 72) では,平均5年10カ月の追跡で改善19例 (26%),不変19例(26%),悪化36例(49%) と報告され, 前述のレビューの結果と大きく異なっている。
 未治療を含む預椎症性脊髓症51 例の予後調査(EV level 73))では,平均2年1ヵ月の追跡で改善11例(22%).不変7例(14%).悪化33例(65%)であり,特に未治療例で悪化する傾向があった。
頚椎症性脊髄症 診療ガイドライン

頚椎ヘルニアの手術を考える 考察

研究結果で評価は異なる

研究結果によって、手術してもしなくても差がないものや、手術がいいとか、あるけど、細かいところ(体の重症度、患者側環境)で変わっちゃうよね。

保存療法と手術療法の予後には差がある (手術療法が勝る) とする研究と,差がないとする研究が存在するが, これには各治療を選択した際の頚椎症性脊髄症の重症度や背景因子が結果に影響している可能性がある。また, 経過観察期間を長くすると, 保存療法群での悪化例の割合が漸増することが推測されるため,これまでに報告されている3~4年を超える長期での比較検討も必要であろう、手術療法選択のタイミングにも関連する問題であり,今後もさらに詳細な研究が必要である.

頚椎ヘルニアの手術を考える 考察

手術しない治療で改善したのは21%

手術しないで、治療した場合 改善したのが21% 変わらない23% 悪化9% 手術したのが47%だったよ!!

 保存療法については,預椎症性脊髓症151例の平均7年5カ月の調査(EV level7)で,改善21%, 不変23%,惠化9%,手術への移行47%であった.一方,レビューのなかで,神経症状が軽度な頚椎変性疾患による脊髄症に対する装具療法では,
30~50%の症例で改善していた(EV level 9°).
頚椎症性脊髄症 診療ガイドライン

頚椎ヘルニアの手術を考える 考察

歩行、手術した人半年で改善、3年維持 手術しない人は6ヶ月で悪化40%

手術した人は、歩きが6ヶ月で改善!3年維持! 手術しない人は、6が月で悪化40% 変わらない 22% 改善36% 3年後は悪化86%

さらに, 保存療法22例と手術療法50例の比較研究では,手術療法群の30m歩行時間は6ヵ月で改善し3年維持されていたのに対して,保存療法群は6ヵ月で悪化9例, 不変5例, 改善8例, 3年では悪化19例, 改善3例であった。

頚椎ヘルニアの手術を考える 考察

手術して3年後 手術した人の改善率40% 手術しない人の改善率37% 差は無し

手術して3年後 手術した人の改善率40% 手術しない人の改善率37%と あまり変わらないね!

わが国でのJOAスコア13点以上の頚椎症性脊髄症に対する手術療法群と保存療法群を比較した研究において, 平均3.7年の追跡期間で, 改善率は手術療法群が40.4%, 保存療法群が37.1%と有意差を認めていない (EV level 6′).
頚椎症性脊髄症 診療ガイドライン

頚椎ヘルニアの手術を考える 考察

手術した人、手術しない人、半年後の健康状態、あまり変わらない

ある報告では、手術をした人、手術しなかった人、体の重症度や健康状態、どっちも半年後は変わらないね。

1年間に登録された頚椎症性脊髄症を前向きに追跡し, 結果的に手術療法に移行した32例と手術を施行しなかった34例を, modified JOAスコアを含む預髄症の重症度, SF-36による健康状態, standard gamble などの健康価値で評価したところ, 両群ともにいずれの評価法でも約6ヵ月追跡時と登録時との間に差が認められず, 手術療法の利点を示せなかったという報告もある (EV level 56)).
頚椎症性脊髄症 診療ガイドライン

頚椎ヘルニアの手術を考える 考察10

ランダムに選んだ手術する人、手術しない人、3年後はあまり差がない

ランダムに選んだ、手術する人、手術しない人、3年後は、あんまり差がなかったよ。 

また,modified JOA 7 (Benzel EC et al J Spinal Disord 1991; 4: 286-295, 18 A点)が12点以上の頚椎症性脊髄症に対してコイントスにより保存療法と手術療法の2群に分け, prospective randomized study を行った一連の報告がある(EV level52-5)).この研究におけるそれぞれ保存療法 35例と手術療法33例の最終的な3年の経過報告(EV level 5°) では, modified JOA スコア, 改善率, 10m歩行時間のいずれの項目でも両群間に有意差はない, という結果であった. しかし, これはあくまで2群間を比較した全体の結果であり, 各群における当該治療に対する効果には幅があり,別の報告でこの研究における各療法に対し効果を認めた症例の特徴を検討している。頚椎症性脊髄症 診療ガイドライン

頚椎ヘルニアの手術を考える 考察11

重症の場合は早期に手術を進めている。

手術する人、手術しない人、手術しない人は少し改善したけど、手術すると、痛みなどがいい感じに改善! 重症な場合は、早く手術したほうがいいのかも!

一方,頚椎症性脊髄症の多施設共同研究(EV level 57) では, 保存療法の23例と手術療法の20例とを比較し,保存療法群では修痛はやや改善したが ADLと神経学的所見が著明に悪化したのに対して, 手術療法群では術前機能障害が高度であったにもかかわらず機能や痛み, 神経学的所見が良好に改善し, 結論として高度な機能障害例や進行例には早期の手術療法を勧めている.頚椎症性脊髄症 診療ガイドライン

手術はするか? 手術しないで進めるか?

 以前に腰の手術(脊柱管狭窄症の手術)についても考察しました。
(坐骨神経痛の手術は有効か?・分析していきましょう。)

  腰の場合は論文に統一性を感じました。80%は有効であり、5年後には手術している人、手術していない人と差がなくなるとの報告でした。

 今回の頚椎ヘルニアに関しては、論文が変わると、話、結果が大きく変わる印象です。 手術しないで治療した場合は、40%が悪化の報告もあれば、半年後の健康状態は変わらないとの報告もされています。

  そこで考えたことは、手術しないで治療する「方法」にあると考えます。同じようにカイロプラクティックや整骨院の代替医療に対してのデータがなく、評価は全くできません。

 なぜ、腰の手術の場合と違うのでしょうか?考えてみました。

1・頚椎ヘルニアの根本原因
2・頭を支える頚椎
3・頚がたくさん動くということ(可動域)

 1・頚椎ヘルニアの根本原因 

 頚椎ヘルニアの場合、考えることは頚椎ヘルニアの根本原因のほとんどが首にないということです。 首の位置が、体の上にあります。 これは、骨盤の問題も、股関節や、膝関節、ましてや足関節の問題さえも首に影響していきます。

 同じ保存治療(手術しない治療)でも、根本の原因にアプローチしなければ、悪化する人も出てくるはずです。

2・頭を支える頚椎

 2つ目は、頭と頚椎の位置関係にあります。 頭は5㎏ほど。 ボーリングの玉と同じくらいになります。

 この重い頭をを常に支えていると考えれば、悪化するのもわかります。 保存治療(手術しない治療)でもその治療方法が的確なところにアプローチできているのか、できていないのか? そこが手術をしないと(手術しない治療法で)悪化するのか、手術しなくても、差が生まれずに過ごせることができるのか、分かれると考えます。

3・頚がたくさん動くということ。

 頚がたくさん動くということは、腰と違うことです。それ故に支えるのは筋肉に依存します。 これは1番の根本原因と同じですが、根本原因が複雑になっていることを意味します。

 たくさん動くということは、炎症を出しやすい環境になります。 (頚椎カラーの装着) 炎症が悪循環を作ってしまって、悪化につながると推測します。

 以上のことから、頚椎ヘルニアの手術に関しては、腰と違って、保存治療(手術しない治療)の「方法」に大いに関係していると考えます。

 しかしながら、巧緻運動障害・歩けない・文字が書けない・ボタンが留められないなど がある場合は、手術をおすすめします。

 もし歩けているのであれば、手術しない治療方法も一つになるかと思います。 その場合は、保存治療(手術しない治療)の「方法」が大切です。 ただ、整骨院や、整体の代替医療は治療方法がたくさんあります。 何がいいのかわかりません。

 その時の判断材料として、患者さんの声を参考にして、同じような症状の方を見つけることがわかりやすいと思います。 同じような症状を治せている技術を持っているということです。 参考にしてください。

 最後に、手術と言われていた、頚椎ヘルニアの方を何人かご紹介していきます。 

手術と言われた頚椎ヘルニアの方を紹介

箸も持てない・ペットボトルも開けられない

 4か月前に交通事故に遭い頸椎を損傷しました。 

 そこから首の痛みと共にしびれが強く出始めて、ペットボトルのキャップを開けたり、箸を持つのにも力が入りません。 

 病院では回復がないまま4か月通院していました。 

(後変化がなければ、手術しかないね。と言われた。)

 段々と体が思うように動かせなくなり、痺れ・ひきつれ・違和感が強くなってきた時に、ここの「しびれ専門」見て通いました。

 今では事故に遭って4か月以上過ぎているのに、首両肩腕の痺れがよくなってきました!! 

 一度ここの先生の治療を受けて下さい!!

 体の変化に驚くと思います!! 

 福島県 福島市 50歳 女性 個人の感想です。 詳しくはこちら

半年ほどの手のしびれ・病院では「手術」

 半年ほど前から手のしびれに悩まされていました。 

 特に夜、しびれて起きてしまうことが多かったので病院に行っていました。 

 しかし、整形外科に相談をしても、「手術」としか言われませんでした。 

 そんな時にしびれ専門院のチラシを見つけこちら(柴宮整骨院 感謝)に通うことにしました。 

 おかげでしびれはよくなりました!! 

 同じようにしびれで困っている人に勧めてみたいです! 

 福島県 田村市 75歳 男性 個人の感想です。 詳しくはこちら

文字が書けない・料理できないしびれ

 右手のしびれが3か月続き、字を書いたり料理をする時が動きにくく辛かったです。

 びりびりするような、ズキズキするようなしびれの感じです。

 整体に行っても良くならずネットの口コミをみて来院しました。

 治療が進むにつれて体調が良くなり、しびれもなくなり嬉しいです! 

 整体に通うのは初めてでしたが、症状が治りよかったです!!

 福島県 郡山市 49歳 女性 個人の感想です。詳しくはこちら

病院では手術しか方法がないと言われた

 手の痺れ・痛みが産後から3か月ずっとあり、病院には「手根管症候群」や「脊髄空洞症」とも言われ、特に「脊髄空洞症」は難病と言われ手術しか方法がないと言われました。

 それに、夜も眠れないくらい痛み・痺れが酷く、子供を抱っこすることも出来ず・・・授乳中だったので薬も飲むことが出来なかったので、病院へ行ったりしましたが、それでも良くならない状態が続き、今回インターネットで 柴宮整骨院 感謝 に足を運びました。

 通って1ヶ月近く経ちますが今では手が動くようになり痺れなくなってきました!

 ”どこに行っても良くならない” ”病院やマッサージなどに行っても治らない”

 そんな方は通い続けることで効果が確実に出てくるので通ってみてもらいたいです!!

 福島県 郡山市 29歳 女性 個人の感想です。 詳しくはこちら

文字を書くのが辛かったしびれ

 7年間続いた指先のしびれで、運転時や字を書くのが辛かったです。

 病院で処方された薬を飲んでいましたが、副作用や眠気が気になる、症状が良くならないと思っていた時タウン誌でみかけ 柴宮整骨院 感謝 に来院しました。

 食事や水分等も気を付けるようになり、手のしびれも良くなりました!

 一歩踏み出せばいいことあります!!

 福島県 郡山市 61歳 女性 個人の感想です。 詳しくはこちら

↓ 他にも読まれています!

頚椎ヘルニアの手術方法 詳細

頚椎前方到達法

この手術は、全身麻酔下で、仰臥位(仰向けの姿勢)で行います。脊髄に対する圧迫を除去できたことを確認後、頚椎に出来た空間に、腰骨からの骨や人工物(スペーサー)を挿入し、創部ドレナージと呼ばれる細い排液用の管を留置して手術を終えます。通常は2-3時間程度の手術となります。
詳しくはこちらで検索

頚椎前方固定術

頚椎前方固定術とは、頚椎椎体前方(首の横)から椎間板を摘出し骨を削り、神経の圧迫を取り除くことにより症状の改善を図る手術です。椎間板を摘出したスペースには、椎間板の代替物を設置します。
詳しくはこちらで検索

経皮的内視鏡下頚椎椎間板摘出術・前方アプローチ

大きなヘルニアで、痛みが強いが骨棘が顕著でない場合に適応です。3.5mm内視鏡下に2mm小鉗子で直接ヘルニアを摘出します。レーザー光線で髄核凹凸を凝縮固定化させます。
詳しくこちらで検索

内視鏡下頚椎椎間孔拡大術

7~16mmの小切開で経皮的に内視鏡を挿入し、神経を圧迫している骨、靭帯、変性椎間板、椎間板ヘルニア等を取り除き、神経の通り道である椎間孔を拡大する手術です。
詳しくこちらで検索

前方除圧固定術

4~5cmの皮膚切開より顕微鏡を用いて椎間板を切除し、骨棘をドリル等で取り除き脊髄・神経根の圧迫を除去する手術です。椎間板を切除したスペースにはチタン製のスペーサーを挿入し、椎体を固定します。
詳しくこちらで検索

経皮的内視鏡下頚椎ヘルニア摘出術

4mmの小切開で経皮的に内視鏡を挿入し、レーザー光線等で髄核凹凸を凝縮固定化。
詳しくこちらで検索

経皮的レーザー椎間板減圧術

軽度~中度の椎間板ヘルニアに対して、局所麻酔下にて、1mmの針を刺し、その中からレーザーファイバーを通して、ヘルニア膨隆部を熱凝固収縮させる方法です。
詳しくこちらで検索

1・初回30分以上のカウンセリング・検査で原因を徹底的に特定

本当の原因の特定こそが、根本改善への近道。しっかり時間をかけて調べます。

※初回は検査を含みますので1時間を目安に進みます。

※詳しくはこちらで説明しています。
→ 初めての方へ

2・痛みのないソフトな施術

心身に負担がなく、小さなお子様からご年配の方まで安心して受けていただけます。

→ 高齢のしびれはこちら

3・のべ6万人が感動!院長がすべてを施術を担当します

歴13年の院長が、豊富な経験と知識を駆使したオーダーメイドの施術で根本改善へと導きます。

4・院長は全国の治療家に技術指導をしています

業界内でも技術が評判で、当院院長主催の技術セミナーも行っております。 

→ 治療方法はこちら

5・土日祝も受付。完全予約制だから通いやすい

当院の技術が福島県で初の神の手治療院に選ばれました。 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: その悩み諦めずに-710x197.png