投稿日:2023年11月29日 更新日:2024年1月9日

 今回は「整体・整骨院・どんな治療がいいのか?」について解説していきます。

 これは患者さんから見て、どんな治療の整体を探せばいいのか? についての話です。

~まとめ~

 治療方法は「なんでもいい」となります!

 一番は「どんな治療?」よりも、「どこまで極めた(勉強した)治療なのか?」が大切です。 

 「なんでもいい」だけでは、何もわかりませんので、さっそく解説していきます!

1 整骨院はどんな治療をするんですか?

 整骨院はもともと、ケガを治療する専門家です。

 整形外科に当てはまる患者様を担当します。
 昔、整形外科がない時代に活躍していた「接骨師」が柔道整復師になります。 

~おすすめ記事~
柔道整復師の歴史

 私たちのような整骨院のお店を出せる人を「柔道整復師」と言って、

病院で働いたり、
リハビリで働いたり、
デイサービスで働いたり。

 ケガ、いわゆる、骨折のケガを治療するもの柔道整復師です。

 この骨折の対応(後療法)で、マッサージと似た手技を行います。 

 それも国家試験で少しばかり勉強します。 

① 軽擦法(けいさつほう) ② 強擦法(きょうさつほう) ③ 叩打法(こうだほう) ④ 圧迫法(あっぱくほう) ⑤ 振せん法(しんせんほう) ⑥ 揉捏法(じゅうねつほう)

 ここで、「マッサージと、手技と、指圧、按摩は違う!」 という施術者がいますが、

 施術を受ける側としては、「気持ちいマッサージ」という認識しかわからないと思います。 

 柔道整復師では、細かい手技を習うんですが、受けている側は、マッサージと認識するので、手技を大きく、「マッサージ」という表現で進めていきます。 

 話を少し戻り、骨折の部分が硬くならないように、マッサージをしたりします。

 もし腰が悪い人がいれば、腰の筋肉のマッサージをしたり、
 肩の筋肉が硬くなれば、肩のマッサージをします。

 おそらくこれが、整骨院はマッサージしてくれるところの認識になったのだと思います。

 整骨院は、基本、ケガの治療をします。

 場合によっては、マッサージをします。

2 整体はどんな治療をするんですか? 

 ここからは整体と整骨院の治療を混ぜて説明します。

 ▷良質な整骨院の選び方◁ でもお話しているように、

 国家資格を持てば、一流になるわけではありません。

 資格がない、凄腕施術家も、たくさんいます。

 結局は、免許は、治療技術に関係ない話です。

 そこで、「整体(整骨院)はどのような治療をするんですか?」

 になるのですが、マッサージだけでは、どうしても体が治りません。

 そこで、みなさん勉強しに行くのです。

・骨格矯正
・猫背矯正
・東洋医学
・カイロプラクティック
・オステオパシー
・アクチベーターテクニック
・キネシオテーピング療法

‥等。他には、、、 

・音叉を使ったり、
・アロマを使ったり 
・ハンマー使ったり 
・塩だけで体を治そうとしたり 

 たくさんの施術方法があります。

 皆さんはどんな名前を聞いたことがありますか?

 ここから先は、施術家が「自分が治せそうだ!」と思う、治療技術を求め、勉強し始めます。

 そうなると、「整骨院」と言っても、どんな治療をしてくれるのかがわかりません。

 これは、私も同じ、、、どんな治療しているのかがわかりません。

 実際に施術を受けても・・・わからないかもしれません。

 これをどのように患者様の立場で判断するのか・・・

 とても難しい判断です。 

 しかし、大きな考えとして、、、

 「治ればどんな治療でもいい」という解釈になります。

 一言、骨格矯正をとっても、

・足首で治す人もいれば
・首から治療する人もいれば
・腕で治療する人もいます。

 同じ言葉「骨格矯正」でも中身のやり方が違います。

 これらの状況をどうやって、

「いい治療」を判断すればいいのでしょうか? 

3 「どんな治療」よりも、「どこまで極めた治療」なのか?

 私もたくさん勉強している方だと思っています。

 いろんな勉強していて、面白いのは、

 どんな治療でも、行きつく先は、同じになるのです。 

 最初は筋肉を勉強するし、関節、姿勢を勉強するし、

 その次は、内臓を勉強します。

 東洋医学ですね。

 そしたら、内臓と感情について勉強し、ストレスについて勉強するし、

 今度は、精神と肉体について、調整するべく、心の治療を行います。

 心の治療は、コーチングやAK(アプライドキネシオロジー)での調整方法があります。

 ~おすすめ記事~
▷コーチングってなんだろう?◁

 心の先は・・・魂の話をしたりもするらしいですね。

 ここまでだと、

「どんな治療?」
「何の治療?」
「あやしい・・・」

 しかし、 心をフォーカスするやり方は昔からあるのです。

 ~おすすめ記事~
▷難病を改善させる「1つの原則」◁ 

 これらを総評評価すると、

「どんな治療ですか?」というよりも、

「どこまで治療を極めましたか?」

 と質問するのが大切です。

 が、、、どこまで極めたのか・・・これは治療家もわからないと思います。

4 どうやって整骨院を選べばいいのか? 

 これは、皆さんにお伝えしていますが、

「信頼できる先生」に出会ってください。

 と、お話しています。

 難病になれば、小手先の治療技術では治せません。

 信頼できる先生と二人三脚しないといけません。 

 健康になるための方法を伝授してもらい、あらゆる方法を試していく必要があります。 


 「信頼できる」とは、「馬が合うかどうか」で問題ありません。

・ホームページの感じ
・院の場所
・駐車場の停めやすさ
・院の中の雰囲気
・先生の顔、声、しゃべり方
・知識に熱意、 

 たくさんの要素をもって、「この先生と治していく」と判断していく必要があります。

 そのためには、やはり、いろんな場所に行く必要があります。 

5 まとめ

 結論、治療方法は「なんでもいい」。

 ただ、一番は「信頼できる先生に出会ってほしい」と思います。

 ある一定の患者さんは、治すことに、

 病院よりも、民間療法(整体や鍼灸院)が体に合っている場合があります。

 何かの参考になれば幸いです。