【腰痛ヘルニア専門院】の腰椎ヘルニア徹底解説

目次:【腰痛ヘルニア専門院】の腰椎ヘルニア徹底解説

  1. 腰椎椎間板ヘルニアってどんな病気?
  2. なんで腰椎椎間板ヘルニアになるの?
  3. 腰椎椎間板ヘルニアにはどんな検査をするの?
    3-1 腰椎椎間板ヘルニア 検査 病院編
    3-2 腰椎椎間板ヘルニア 検査 病院&整骨院編
  4. 腰椎椎間板ヘルニアの治療にはどんなものがあるの?
  5. 腰椎椎間板ヘルニアの手術にはどんなものがあるの?
  6. 腰椎椎間板ヘルニアなどで、切らない手術があると聞いたのですが
  7. 腰椎椎間板ヘルニア、手術以外の治療にはどんなものがあるの?
    7-1 腰椎椎間板ヘルニア 病院の治療編
    7-2 腰椎椎間板ヘルニア 整骨院の治療編
  8. 腰椎椎間板ヘルニアの症状にはどんなものがあるの?
  9. 腰椎椎間板ヘルニアを予防するにはどうすればいいの?
  10. 病院で腰椎椎間板ヘルニアの診断を受けて、定期的に注射を打っています。注射は癖になると聞きますし、副作用が心配です。このまま治療を続けても良いものでしょうか?
  11. 腰椎椎間板ヘルニアで電気治療を受けています。効果はあるのでしょうか?
  12. 腰椎椎間板ヘルニアのリハビリではどんなことをするの?

腰椎椎間板ヘルニアってどんな病気?

 元々「ヘルニア」の意味は「突出」になります。

 つまり一般的には ヘルニア=腰のヘルニア と感じることがありますが、鼠径ヘルニアなどがあります。 脱腸の事ですね。

 そして腰椎椎間板ヘルニアにおいては椎間板が突出して神経が圧迫している状態のことを指します。

 神経が椎間板によって圧迫していることにより、腰痛や足のしびれを引き起こすことが多いです。

 さらに重度の椎間板腰椎椎間板ヘルニアを起こしている場合は歩行困難及び排尿障害が起きてきますその場合は手術の適用になることがあるでしょう。

トップへ戻る

なんで腰椎椎間板ヘルニアになるの?

 腰椎椎間板ヘルニアの原因は椎間板への強い圧力によって中心のクッションになるゲル状の 【髄核】 が飛びだすことにより起こります。

やはり椎間板にかかる負担に対して姿勢が大きく関係してきます。

 上の図を解説すると、立っている状態の椎間板の負担を100にしたときに、姿勢の変化によって、椎間板にかかる糞を数値化したものです。

 中腰で荷物を持った時、220。

 座った状態で140。

 座って荷物を持つ動作275。

 座りっぱなしも椎間板に負担がかかることがわかります。 

 椎間板に大きな負担がかかると椎間板の繊維輪が傷を作り、そこから髄核が突出していきます。

 この突出の程度によって名前が変わってきます。

 椎間板ヘルニア 膨隆型 脱出型 遊離型

トップへ戻る

腰椎椎間板ヘルニアにはどんな検査をするの?

▷腰椎ヘルニアの検査・病院編

 腰椎椎間板ヘルニアの検査として、病院ではレントゲン写真、MRI画像が主流です。

 今は主にMRI画像ですね。

 最初にレントゲン画像を撮っているのであれば、腰痛の原因が、内臓からの腫瘍 筋肉、骨の腫瘍 靭帯の骨化 がないのか、確認します。 

 しかし、レントゲンの椎間板ヘルニアが狭いだけででは、椎間板ヘルニアの診断には足りなすぎるでしょう。 

 今はアメリカの論文で腰椎椎間板ヘルニアの画像があったとしても6割の人が全く症状のないことが出てきています。

実は、MRIで椎間板ヘルニアは検査できないの?!

☆ヘルニアに対し、MRIで検査。「ヘルニアがあるよ!」っていう人の、1年後に調子がいい人にMRIで検査したら85%にヘルニアがあることがわかった。あれ? ヘルニアはMRIで見ることはできないのか? っという論文

→ ヘルニア治療にMRIは関係ない

※腰痛のない人のMRI画像 52%に椎間板の膨隆があったよ

→ 正常人における腰椎MRIの異常所見の頻度

つまり全く症状のない人でも6割が椎間板ヘルニアを持っていると言うことになります。

画像検査と言うのは1つの指標であり他にもチェックする必要性があります。

可能であれば一緒にやってみましょう。

トップへ戻る

▷腰椎ヘルニアの検査・病院&整骨院編

ここからは病院でも整骨院でも検査をする項目になります。

 今はMRIの画像だけではすべてを判断できない状態でもあります。

この4つは一緒にチェックしていきましょう。 

腰椎伸展テスト(ケンプテスト)
・大腿四頭筋腱反射
・片足のしびれ
・楽な姿勢がない 安静時痛

▷腰椎椎間板ヘルニア 検査法1 腰椎伸展テスト(ケンプテスト)

腰椎伸展テスト やり方 

腰を後ろにそっていきましょう。 

この画像には alt 属性が指定されていません

足がしびれたら椎間板ヘルニアの可能性が強いです。

腰が痛む場合はイエローカード。椎間板ヘルニアの可能性もありますが、腰の関節の問題もあります。(椎間関節、仙腸関節部・要鑑別)  

腰椎伸展テスト 注意点 

膝が曲がらないようにしましょう。 これでは腰がそれていません。 

腰椎伸展テスト 説明 

腰の背骨、腰椎は構造上、湾曲しています。

この場合は 右 が 臍 になり、前面です。 

構造上 前に椎間板ヘルニアが出るんではないかと思いますが、

1・正常時、負担がかかる繊維輪は後面であること 

1・負担がかかる姿勢の場合、湾曲が逆になるような(イメージ)力でなる 下の図

よって、後面に起こることがほとんどです。 

※背骨が湾曲している神秘 

ちなみに前面に膨隆があったとしても、 神経は存在していませんので、そこまでは問題が出ません。 

前から見た背骨 背骨の白いのが前縦靭帯

ここまででお話したいことは、後方に椎間板ヘルニアが起こることです。 

つまり、椎間板ヘルニアで神経を圧迫している場合は、後ろの神経に問題が出ますので、腰を反るときにしびれが悪化します。 

この姿勢で、「しびれ」をチェックしてください。 

「しびれ」が悪化しますか? 悪化した場合、椎間板ヘルニアを考えます。 腰を反ってもしびれに変化がない場合 椎間板ヘルニア以外の問題を考えます。 

「痛み」を見ていると、腰の関節の硬さ(腰椎関節の拘縮)によって腰の痛みが出たりもします。 

これは椎間板ヘルニアがなくても「痛み」が出ます。 

腰を後ろに反る場合、「膝」を注意してください。 

腰が悪い人ほとんどは、腰が硬いです。 

腰を動かさずに腰を後ろにそっている「ふり」をします。 

腰を後ろにそれてないので意味がありません。 

大腿四頭筋腱反射

いわゆる「脚気」 の確認テスト。(叩いて足がビクッとなるかどうか?)

この大腿四頭筋腱反射は反応しますか? これは運動神経を確認しています。 

神経の根っこの部分に神経根に影響することが多いです。 

ここが影響を受けると運動神経障害が起きます。 

それを反射で確認です。 

反射がある場合(脚気として足が動いている場合)は、椎間板ヘルニアを除外します。 反射として、足が動かない場合、椎間板ヘルニアを考えますが、年齢、体の硬さを考えると、参考度は50%で私は考えています。 

片側のしびれ

片側のしびれも重要なポイントです。 

足がしびれているからと言って椎間板ヘルニアとは限りません。

もし両足がしびれている場合は、ひとまず、椎間板ヘルニアを除外します。 

なぜなら、椎間板ヘルニアで両足がしびれている場合、排尿障害が出るからです。(馬尾神経障害)

その場合この中心の脊髄を問題としますので、今は病院で手術の準備をするでしょう。 

つまり、両足がしびれているんだよねー から、1ヶ月以上経過している場合は椎間板ヘルニアを除外していきます。 

安静時痛

痛みやしびれに波がある場合は、椎間板ヘルニアを除外します。 

椎間板ヘルニアの繊維輪も丈夫です。 

一度膨隆があるからと言って、引っ込んだり、突出したり、動くわけでもありません。 

楽な姿勢がありません。 

つまり 座って楽になる、 横になって楽になる というもの 椎間板ヘルニアを除外します。 

トップへ戻る

腰椎椎間板ヘルニアの治療にはどんなものがあるの?

病院での腰椎椎間板ヘルニアの治療は

観血的療法 (手術) と 保存療法 (手術しないで治す方法) に分けることができます。

トップへ戻る

腰椎椎間板ヘルニアの手術にはどんなものがあるの?

観血的療法

参考資料 https://www.iwai.com/iwai-seikei/shujutsu/herunia.php

今は内視鏡手術 と レーザー手術 切開手術と分けられるでしょう。 

それぞれの特徴を見ていきましょう。

内視鏡手術 全身麻酔 入院4~7日 保険あり 傷20mm

レーザー手術 局所麻酔 日帰り 保険適用無し 傷針穴

切開手術 全身麻酔 入院3週間 保険あり 傷50mm 

トップへ戻る

・腰椎椎間板ヘルニアなどで、切らない手術があると聞いたのですが

昔は金具を入れて固定させる方法をとっていたりもありましたが、今は内視鏡で行うことが多いです。

 レーザーでの処置になると、傷は針穴程度になるために、切らない手術と考えてもいいかもしれません。

トップへ戻る

・腰椎椎間板ヘルニア、手術以外の治療にはどんなものがあるの?

▷保存療法 病院編

手術以外では、一般的には手術以外の治療では一般的には、薬、ブロック注射、リハビリがあります。

薬では 炎症を抑えたり、神経の働きをよくすることで症状を緩和します。 

ブロック注射は痛みを感じる信号をブロックして痛みを抑えます。 

リハビリでは、コルセットを利用したり、運動療法 ストレッチ 電気治療 などを使って治療をします。 

安静にするということは、 昔はよく言われていましたが、今はその逆、動かないから悪くなるという考え方が出ています。 

腰が痛いなりに、体を動かなさないといけません。

▷保存療法 整骨院編

当院での話を説明していきます。 

詳しい治療方法はこちら → ▷治療方法 

なぜ、腰椎椎間板ヘルニアになってしまったのか? を考える必要があります。 

そもそも椎間板に負担がかかる、生活、姿勢、を何も変化がないまま、 腰を手術しただけでは・・・また再発を考えることは容易ですね。  

まずは一番多い椎間板ヘルニアの原因を紹介していきます。 

ベースは 歩き方と姿勢です。  

腰が悪くなると、前かがみになります。(腰椎椎間関節の拘縮の為反るのが辛い)

この画像には alt 属性が指定されていません

そうする、腰は若干前かがみ、 膝が軽く曲がった状態で生活します。 

ポイントは、前かがみ 膝の軽く曲がった状態  これが続いていると、無意識に歩幅が小さくなります。 

歩幅が小さくなると、歩くときの体重を支えるのは、 お尻の筋肉です。 

そう、骨盤周りを支えているのは、腰の筋肉ではありません。 お尻の筋肉です。最初は問題なく過ごすでしょう。 

しかしお尻の筋肉で骨盤を支えられなくなってきたら・・・腰の筋肉を無理矢理使うようになります。 

その時は、おそらく、立つときに腰をすっと伸ばすことができないでしょう。 

腰を治すには、お尻の筋肉を治療する必要があります。 

トップへ戻る

・腰椎椎間板ヘルニアの症状にはどんなものがあるの?

腰椎椎間板ヘルニアの症状に代表名的なものは「坐骨神経痛」と言われる足の痛みと痺れです。

これは椎間板ヘルニアの位置よってどこに痺れが出るかが変わります。 (デルマトーム参照)

重度の椎間板ヘルニアになってくると運動神経障害が起こり歩くことが困難になったり、排尿障害 おしっこの感覚がなくなってきたりと、この場合は手術の適用になる場合になります。 

トップへ戻る

・腰椎椎間板ヘルニアを予防するにはどうすればいいの?

椎間板ヘルニアを予防するには、一般的に重いものを持つ作業を気を付ける、中腰での作業を気を付ける、椅子に座りっぱなし避ける等が効果的とされています。

しかし同じ生活環境の中でも椎間板ヘルニアになる方、椎間板ヘルニアにならない方がいます。

そこがポイントです。

普段から腰に負担がかかっているならば、足回りのストレッチを重点的に行うことをお勧めしています。

トップへ戻る

病院でヘルニアの診断を受けて、定期的に注射を打っています。注射は癖になると聞きますし、副作用が心配です。 このまま治療を続けても良いものでしょうか?

ブロック注射と言われる注射ですね。

ほとんどの場合ヘルニアの患者さんには局所麻酔の注射を打ちます。

それによって鎮痛効果または神経の周りを整える効果があります。

しかし定期的に注射を打っていると言う話を聞くと改善には至っていないのかと思います。

どんなに長くても3ヶ月には症状は変わります。

もし3ヶ月以上通いながら注射しているんであれば対症療法にしかなっていないのかもしれません。

その場合は他の治療方法を検討する必要性があります。

トップへ戻る

腰椎椎間板ヘルニアで電気治療を受けています。効果はあるのでしょうか?

よく整骨院で椎間板ヘルニアを治療する場合は患部に電気を流したり温めたりがありますが、あまり効果は期待できません。

もし本当に効果があるんであれば電気治療だけで治るはずです。

多くの場合は電気治療を行った後に他にも治療を加えます。

これを考えるだけでも電気治療で椎間板ヘルニアが改善するとは考えにくいです。

トップへ戻る

腰椎椎間板ヘルニアのリハビリではどんなことをするの?

主に椎間板ヘルニアのリハビリでは運動療法ストレッチをお勧めしております。

→腰椎椎間板ヘルニアを自分で治す方法

先ほど説明した内容の電気療法または温熱療法、温める方法を一緒に加えてリハビリを行っているところもあります。

電気療法も温熱療法も患部を温めることによって一時的に柔らかくさせ動かしやすい環境を作る作業もありますが、メインでは運動療法ストレッチ療法です。

そして1番のリハビリは自宅でどういう生活をしているかがポイントかと思います。

今の生活が椎間板ヘルニアを作っていると考えても良いかと思います。

今の生活習慣の何かを変えていかなければ治療や手術で椎間板ヘルニアを改善させたとしてもいずれ再発していくでしょう。

1・初回30分以上のカウンセリング・検査で原因を徹底的に特定

本当の原因の特定こそが、根本改善への近道。しっかり時間をかけて調べます。

※初回は検査を含みますので1時間を目安に進みます。

※詳しくはこちらで説明しています。
→ 初めての方へ

2・痛みのないソフトな施術

心身に負担がなく、小さなお子様からご年配の方まで安心して受けていただけます。

→ 高齢のしびれはこちら

3・のべ6万人が感動!院長がすべてを施術を担当します

歴13年の院長が、豊富な経験と知識を駆使したオーダーメイドの施術で根本改善へと導きます。

4・再発予防もバッチリ!アフターフォローが充実

更なる施術効果アップ & 再発予防のため、セルフケア指導に注力。自宅で簡単にできる資料もお渡しします。 

5・どこに行ってもよくならない重い症状にも対応

病院や整体・整骨院など、どこに行っても改善しないしびれやめまいに対応しています。

6・院長は全国の治療家に技術指導をしています

業界内でも技術が評判で、当院院長主催の技術セミナーも行っております。 

→ 治療方法はこちら

7・土日祝も受付。完全予約制だから通いやすい

当院の技術が福島県で初の神の手治療院に選ばれました。 

お陰様でたくさんの患者様に喜んでくださいました♪

原因不明のめまい

難病のしびれ

難病のめまい

手術しても治らないしびれ

病院ではたらい回し

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: その悩み諦めずに-710x197.png

他にも読まれています。